1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

人間関係をダメにする言動!学校、職場、家庭で今日から注意したい

人間関係をダメにする言動というものがあります。他人のことはよく見えても、自分のことはよく見えないもので、もしかすると、自分もやっているかもしれません。学校、職場、家庭で今日から注意したい人間関係をダメにする言動を集めてみました。

更新日: 2015年03月24日

seniorさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
959 お気に入り 271093 view
お気に入り追加

● あいさつをしない

この挨拶を軽視してしまっているケースが散見されます

挨拶がきちんとできない人ほど「職場の人間関係が最悪だ」「みんなとの距離を感じる・・・」なんて愚痴を言ってしまうことも

自分があいさつしなかったこと、あいさつのチャンスを逃したことについては無自覚になる。自分だって他者から「あいさつしないよね」「あいさつに返事しないよね」と思われている可能性はある

● 相手の批判をする

「共働きの家庭は家事も共同で行うのが当たり前でしょ。あなたって本当に非協力的な人ね。」のように言うのは「批判」です

一つの意見でも自分の意見を批判されると、まるで自分がすべて、否定されたように思い、その批判した人に嫌悪感を感じてしまう

まわりの人を巻き込んで状況が悪化する

悪口を言った本人とその周りにいる人と、コミュニケーションがとりずらく、さらに状況を悪化させているように感じます

● 「言い訳」などの自己防衛をする

「私だけが悪いわけじゃないよ」とアピールすることで、何とかして他人からの評価を下げられないように人は動いてしまうのです

怒りたい訳ではないのに言った事をいきなり否定され,何なんだろうって感じです。いちいち言い訳してくるので,皆ちょっと呆れてます

しかし、それを人は言い訳だと捉え、結局はネガティブな評価をされることに繋がってしまうことも決して少なくありません

● 相手の人格を否定する・相手の話を全否定する

全面的に自己否定されたら、非難された理由がなんであっても、あるいは自分が悪いとわかっていても、素直に受け入れられないもの

言われると、自分が、「全否定」「すべてがダメ」と言われたように感じ、とても素直に反省したり、直したりする気持ちになれない

何にも知らない様な上の人に、自分がコツコツ頑張っていた作業を全否定された...。

1 2





seniorさん