1. まとめトップ

学歴フィルターとは?難関企業はどの大学まで大丈夫?

学歴フィルターに関するまとめ。どのレベルの大学がどの企業まで学歴フィルターを通過可能なのか?早慶、MARCH、関関同立等のレベルごとにリンク先で詳細に解説。人事が評価する就職に強い大学ランキング情報も。学歴フィルターの実態を解説しているため就職活動生は必見です。

更新日: 2018年04月29日

42 お気に入り 938009 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

学歴フィルターとは?

有名企業ほど志望者が多くなります。志望者が多くなればなるほど全員を面接するのは難しくなります。全員を採用の選考にのせる労力を省くために、「学歴の高くない大学」の優秀な人材をのがしてしまうかもしれないというリスクを負ってでも「学歴の高い大学」の学生だけを選考に乗せたほうが会社にとって省エネですむしメリットが大きい。そう考える会社が学歴をフィルターに用いているのでしょう。

ヒューマンデザイン総合研究所様
http://career-information.com/1111

日本の就職活動において使われている用語の一つ。就職活動において入社を希望する者を採用か不採用か決める場合に、一定レベル以上の大学に在籍しているかという基準で決めるという事である。これで多くの者はエントリーシートなどといった初期の段階で大学名だけで不採用となってしまうという事であり、どのような人物であろうと良い大学でなければ自身をPRする次の段階には進む事が不可能なわけである。

ヒューマンデザイン総合研究所様
http://career-information.com/1111

■学歴フィルターの一例

応募が殺到する大手有名企業においては、採用の効率性からも学歴がフィルターになるという事情が存在します。大学群を境目に学歴フィルターが存在しているケースが多く,大体は以下の4パターンに分けられます。

 
■フィルター①:コンサルティングファーム・投資銀行・総合商社・資産運用会社等の一部で採用
東京一工(東大・京大・一橋大・東工大)+早慶上位(法・経済・政治経済・理工)以上が内定者一般層

■フィルター②:一般層に知名度の高い東証一部上場大手一流大企業の一部で採用
上記大学+旧帝下位・上位国立(神戸横国筑波、電農名繊、金岡千広上位)+早慶下位(その他学部)・上智理科ICU以上が内定者一般層

■フィルター③:東証一部上場大企業の一部で採用
上記大学+中堅国立(金岡千広下位、5S(埼玉信州静岡滋賀新潟))+MARCH・関関同立以上が内定者一般層

■フィルター④:東証一部上場その他企業・非上場中堅企業の一部で採用
上記大学+下位国立(5S下位含む)+日東駒専・産近甲龍・四工大以上が内定者一般層


国内外の採用市場にて学歴フィルターが存在していることは事実ですが、全ての企業が採用しているわけではありません。一般的に高学歴の比率が高いといわれている大手総合商社でも投資銀行でもコンサルティングファームでも経歴重視ではない人物・能力重視の採用を行っている企業や人事担当者は多く存在します。

内定への難易度が高いと世間でいわれているからといって挑戦することをやめてしまっては内定は絶対に勝ち取れません。噂や過去の採用データに流されず、自分なら志望企業でも通用するという挑戦する心と自信を持ち続けることが第一志望企業の内定への第一歩なのかもしれません。

ヒューマンデザイン総合研究所様
http://career-information.com/1111

大学群別不安定身分率ランキング(値が小さいほど就職が良い)

■主要大学群別不安定身分率ランキング
(値が小さければ小さいほど就職が良い)
不安定身分率=1-(正規職就職者数+研修医数+進学者数)÷卒業者数
読売新聞教育ネットワーク事務局『大学の実力 2016』中央公論新社(2015年9月)
の「卒業後の進路編」より作成

【旧帝大】
東京:7.4%、京都:5.2%、大阪:5.0%、
名古屋:4.7%、東北:4.7%、九州:6.8%、北海道:8.1%

【東京一工】
東京:7.4%、京都:5.2%、一橋:2.6%、東京工業:2.1%

【電農名繊】
東京農工:3.8%、京都工芸繊維:3.3%、名古屋工業:3.3%、電気通信:3.4%

【その他上位国立大学】
筑波:11.3%、神戸:5.8%、横浜国立:7.3%、お茶の水女子:6.5%、

【金岡千広】
金沢:5.9%、岡山:7.6%、千葉:9.0%、広島:10.4%

【55】
新潟:5.7%、埼玉:15.9%、信州:9.7%、静岡:9.8%、滋賀:9.8%

【その他国立】
長崎:9.2%、熊本:11.6%、小樽商科:6.1%、奈良女子:9.0%、東京医科歯科:9.4%、帯広畜産:6.3%、東京海洋:3.1%、

【主要公立大学】
国際教養:4.7%、高崎経済:10.1%、首都東京:8.3%、横浜市立:5.1%、都留文科:30.9%、
名古屋市立:4.6%、京都府立:10.7%、大阪市立:9.3%、神戸市外国語:12.6%、兵庫県立:6.4%

【早慶】
早稲田:7.4%、慶應義塾:6.3%、

【早慶上智+ICU】
早稲田:7.4%、慶應義塾:6.3%、国際基督教:8.2%、上智:9.1%

【GMARCH】
学習院:12.1%、明治:12.4%、青山学院:10.5%、立教:14.9%、中央:15.5%、法政:8.6%

【関関同立】
関西学院:8.6%、関西:10.7%、同志社:13.1%、立命館:11.2%

【成成明学獨國武】
成城:9.8%、成蹊:11.0%、明治学院:38.2%、獨協:15.0%、國學院:16.9%、武蔵:11.0%

【四工大】
芝浦工業:3.8%、東京都市:6.6%、東京電機:6.7%、工学院:3.7%

【その他の主要私立大学】合計12.1%
東京理科:6.8% 、南山:10.7%、西南学院:14.0%、立命館アジア太平洋:18.2%、東邦:8.3%、北里:11.6%、 津田塾:9.1%、東京女子:10.0%、日本女子:11.0%、京都女子:17.6%

ヒューマンデザイン総合研究所様
http://career-information.com/1111

学歴フィルターは4種類の形態で実行されるらしい・・

■学歴フィルターの手法①「書類選考で落とす」:

この手法が一番スタンダードな学歴による選別法です。面接や説明会に応募しても、企業が定める水準以上の学歴保有者以外は書類選考で問答無用で落とされてしまいます。その応募者がどのような難関資格を保有していようと、どのような素晴らしい経験をしていようと、どのような素晴らしい人格の持ち主であろうと、どのような素晴らしい文章を書いて応募しようと例外はないのです。感情がある人ではなくシステムが選別するのですから。

■学歴フィルターの手法②「セミナーにすら参加させない」:

この手法は企業側にとって非常にリスクが高い選別法です。なぜなら上記の例のように就職活動生が複数のアカウントを用いることで露見しやすいためです。企業が定める水準以上の学歴保有者のみをセミナーや企業説明会に呼び、それ以外の就職活動生は採用専用サイトの予約ボタンすら押せません。セミナー・説明会の予約可否表示は常に満席状態です。

■学歴フィルターの手法③「リクルーターをつけない」:

この手法は特に大学OBとのつながりを重視する企業で用いられる手法です。過去に採用実績の多い大学に所属する就職活動生が有利です。大学のOBがリクルーターとして後輩に直接会い、就職活動の相談や質問会という形で選考が行われます。もちろん例外もあり、同じ大学出身者ではないOBが学生のリクルーターとして配属される場合も多数見受けられます(学生数が少ないため採用実績は多くないが優秀な理系単科大学の文系枠での採用など)。ですが、一般的には採用実績が少ない大学の学生にはリクルーターはつきにくい傾向にあるといえるでしょう。

以下略

全文は以下のリンク先へ:ヒューマンデザイン総合研究所様
http://career-information.com/1111

学歴フィルターが存在する三つの理由

(1)有名大学の学生を採用すれば、はずれが少ない。
適性検査をやらせても有名大学の学生は高得点を取り、受験競争において勝ち残ってきた人材であることが評価されています。また相応の運も持ち合わせていなければ、有名大学への合格はできません。応募が殺到する大手・有名企業においては、採用の効率性からも学歴がフィルターになるという事情が存在します。

(2)大手・有名企業には、学閥が存在することが多い。
人間は相手との共感ポイントを探す性質があります。初対面の人に「出身はどちらですか?」「趣味はなんですか?」と尋ね、共通点を探して親しくなっていく経験は誰にでもあるでしょう。企業における共通点のひとつが学閥になります。学閥=採用実績校となるため、採用実績校ではない学生は事前にふるいにかけられてしまうことが少なくありません。

(3)有名大学や採用実績校から学生を採用すれば、採用担当者の評価が上がる。
採用担当者が「今年の採用はうまくいった」と上司に報告したとします。上司は「どこの大学の学生を何名採用できたのか」という報告を求めることでしょう。採用した学生が、有名大学や採用実績校でない場合は、仮に人物的に素晴らしい学生だったとしても、採用担当者は上司に評価をされないことがあります。

以下略

全文は以下のリンク先へ:Biz-Journal様
http://biz-journal.jp/2013/10/post_3141.html

すべての有名企業が学歴フィルターを設けているわけではない

学歴差別があると決め付けては駄目
有名企業だからといって学歴フィルターがあると決め付けて諦めてはいけません。内定の可能性を0にしてしまうだけです。

ヒューマンデザイン総合研究所様
http://career-information.com/1111

大手企業を中心に、学歴フィルターが導入されていることは事実ですが全ての企業で上記の選別が行われているわけではありません。学歴が低い場合でも、洗練された志望理由や他者にはない経験、誰にも負けない自分ならではの強み・・などなど、色々な方法で他の就職活動生と差別化することが可能なのです。

どうしても入社したいと思える企業が誰だってあるでしょう。エントリーシートを提出することすら諦めてしまってはあなたの夢が叶う可能性はゼロです。現実の厳しさを認識すると共に、夢をもって工夫を凝らし、実現への道を探ることが一番重要なのです。

ヒューマンデザイン総合研究所様
http://career-information.com/1111

学歴フィルターを通過できる主なターゲット校は日東駒専以上?

アベノミクスによる景気回復で、新卒採用に意欲的な企業が増えているという。一方、下位校をふるい落とす「学歴フィルター」によって就活生を厳しく選別する企業もあると聞く。学生優位の「売り手市場」ならひょっとして学歴フィルターにも変化があるのではないか......。

書類選考で通すのは「日東駒専以上」

表向きは「学歴不問」をうたうが、ネットを通じた膨大な応募を効率的にさばくために実際は採用活動で学歴フィルターを導入している企業は少なくない。ある広告代理店は「最初の書類選考で通すのは日東駒専(日本、東洋、駒沢、専修)以上」と明言する。MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)クラスの学生でさえ「ネット広告大手の説明会に慶応大生の友人と同時に申し込んだら自分だけ『満席』と表示された」(青山学院の4年生)と証言する。

「ターゲット校を『設定する』と回答した企業は中堅クラス(300~1000人)が一番多くて全体の57%。マンパワーに限りがある中堅企業はMARCHや日東駒専など採用実績のある大学に絞って採用活動をするケースが増えている」(主任研究員の松岡仁さん)。売り手市場での人材獲得を優位に進めるために「ターゲット校」を新規導入する中堅企業が増えているというのだ。

下位校でも人気企業の内定とる人材の条件

下位校出身者であっても人気企業が採りたいと思う人材とはどんな学生なのか。

「大東亜帝国クラスの大学だったが、目に止まった学生を採用した。家電量販店のバイトでテレビの販売台数がナンバーワン。クレーム対応が得意というコミュニケーション力が抜群の人材だった」(コニカミノルタ人事部の吉田一さん)

「エントリーシートだけではわからない。表現は難しいが、修羅場を経験してきたかどうかで見る。そういう人材は大学に関係なく他社と取り合いになる」(大手損保の採用担当者)

以下略

全文は以下のリンク先へ:カレッジカフェ様
http://college.nikkei.co.jp/article/26925721.html

就職に強い大学ランキング!!

大学のイメージやブランドは就職活動の際にも大きな効力を発揮します。

■【企業の人事担当者から見た大学のイメージ調査】
〔総合ランキング〕順位
日経HR『価値ある大学2016年版』日本経済新聞社(2015年6月)より
●:国立大学、▲:公立大学、○私立大学

1:●京都、
2:●筑波、
3:●東京、
4:●東京外国語、
5:○早稲田
6:●大阪
7:●東京工業
8:●神戸・●北海道
10:○慶應義塾、
11:●東京農工
12:○上智
13:●長岡技術科学
14:●京都工芸繊維
15:▲兵庫県立
16:●信州
17○同志社
18:○立命館
19:▲大阪市立・○関西外国語
21:●横浜国立
22:○明治
23:●九州
24:○青山学院
25:●東北
26:●名古屋
27:●長崎
28:▲首都東京・▲大阪府立
30:○関西
31:○学習院
32:●佐賀
33:●一橋
34:○東京理科
35:▲北九州市立
36:●千葉
37:○龍谷
38:●愛媛
39:○関西学院
40:○愛知・●広島
42:○中央
43:○明治学院
44:○立教
45:○獨協
46:○金沢工業・●九州工業
48:●名古屋工業
49:●茨城
50:○東京電機

51:●埼玉・○日本工業、53:○法政、54:●山形、55:●岩手、56:○甲南、57:○東京都市、58:○成蹊、59:●熊本、60:○芝浦工業、 61:○大阪工業、62:○帝京・●徳島、64:●静岡、65:●富山、66:○近畿、67:○国士舘、68:○京都産業、69:●岡山、70:●三重、 71:○東京農業、72:●山口、73:○日本・○名城、75:○駒澤・○愛知淑徳、77:○中京・●岐阜、79:○関東学院、80:●新潟、81:○東海、82:○東洋、83:●金沢、84:○工学院、85:●福井、86:○愛知工業、87:○神奈川、88:○専修、89:○南山、90:○福岡工業、 91:○拓殖、92:●鹿児島、93:○千葉工業、94:○中部、95:○東北学院、96:○立正、97:○福岡、98:○九州産業、99:○広島工業、100:○大東文化

ヒューマンデザイン総合研究所様
http://career-information.com/1111

仕事で使える・使えない人材輩出の大学ランキング

このランキングでは「使える-使えない」という票数の差でランク付けしていたため、どうしても知名度が高い大学が上位に来やすくなっていた。TwitterやFacebookでは、この調査を「くだらない」と卑下する声がちらほらと見られたものの、やはりランキング好きな日本人ということで多くの人がこのランキング結果に一喜一憂していたのもまた事実。しかし、「使える率」で並び替えてみたらどうなるのだろう?その結果がこれだ!

中略

■法政はそんなに悪くなかった
ワースト1位だった法政大学は使える率26.4%で26位に移動。ベスト30が名門国立・私立大学で多く占められ、ベスト30位あたりが50%前後の中、26.4%という数値はそんなに低いという数値といわけではないのでは。まっとうな位置づけのように思える。

記事全文は「netgeek」様の記事へのリンクをクリック!!

アメリカでは学歴フィルターによる学歴差別が更に露骨

外資系企業は実力・経歴主義
近日本では、学歴で新卒を判断することをやめようとする動きが出ている。しかし、アメリカは”完全なる学歴社会”だ。ハーバード大学やイェール大学などのアメリカ東部の名門私立大学8校を通称「アイビーリーグ」と呼ぶ。その在校生や卒業生は、「アイビーリーガー」と呼ばれ縦と横の繋がりが強い。アメリカの就活では、このようなコネクションが重要なものとなる。

ヒューマンデザイン総合研究所様
http://career-information.com/1111

■日本顔負け。アメリカの「超学歴社会」

Googleではスタンフォードの学部卒でも非正規採用でしか採用しないくらい、高学歴偏重が起こっているという。「ベンチャーのメッカといってもすでにエスタブリッシュメント化した会社はけっこう学歴に保守的。しかも高学歴者がチャンスを求めてシリコンバレーに殺到している」からだという。名門学部卒どころか、名門MBAやコンピューター系のPhDまでもがすでにコモディティ化してしまっており、採用担当者は、ハーバードだのスタンフォードだの、似たようなレジュメを飽き飽きしながら見比べていて、決めるのが大変そうだという。

アメリカ企業は、ベンチャーでさえ学歴主義。学歴というのは学校のランキングだけでなく、学位の高さも含めての話であって、そう意味でいうと、日本企業の学歴差別などかわいらしく思えてしまう。もはや修士号や博士号を持っていないと、どこの大学を出ようが「低学歴」とみなされてしまうのだ。

一流大学出身という肩書は昔ほど重視しないという企業が増えている。しかし、大手金融機関や経営コンサルティング企業――新卒者に最も高い給与を払う業種――では、引き続き出身校が物を言う。就職指導担当職員や学生たちは、それほど有名でない学校の学生は不利だと話す。

中略

学生向けの夏のインターンとしては金融機関や経営コンサルティング企業でのアナリスト職の競争が激しい。こうした職は大学卒業後に正規の職につながる最も確実な道だからだ。例えば、ゴールドマン・サックス・グループが実施する夏の投資銀行プログラムに参加できるのは、応募者の2%未満だ。採用担当者たちが通常、「対象外」の学校とみなすフェアフィールドやラトガース、ノースイースタンといった大学の学生たちにとっては確率はさらに低い。これらの学校の学生にとって、有名金融機関に足を踏み入れるには、簡単な電話インタビューや推薦を受けるため、数百通の電子メールを送り、大勢のバンカーたちに売り込みの電話をかけることが必要ということになる。

1 2