1. まとめトップ

【本気でどうでもいい!】Facebook投稿

だからなんなの?あたな本当に暇ね。いいかげんやめて?っていう投稿

更新日: 2015年03月26日

2 お気に入り 8408 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lemon-maさん

自己陶酔型

料理上手自慢なのか
健康志向アピールなのか
意味わからない。
別にあんたんちのごはんに興味ないから!

とりあえず「いいね!」押しとくか。
どうでもいいけど「おいしそうだね」ってコメントしとくか・・・

出典ameblo.jp

どんどん新作をアップしてくれるんだけど
正直もう何を言ったらいいか分からないよ。
褒めコメントは出尽くしてるしさ
「すごいね~」「売り物みたいだね~」
(ここに載せずに店でも出せYO!)

発表会あるから見に来てね!とかそういうお知らせなら理解できるし、載せるべきだと思います。

でも普段のレッスンの様子や動画をアップされても、こちらとしては何もいう事はありません。
陰で努力することこそ美しい。と私は思うのですが・・。

ナルシストは常に誰かから「かっこいい」とか「かわいい」とか「すごい」とか言われて注目されたいと思っています。

自己満足型

最初は、ペット飼ってるんだ~
この種類の動物飼ってるんだ~
ってなるけどね

何回も何回も投稿されてもね?
正直もう見飽きたっていうか
どのポーズも、どの角度も一緒に見えるわけ。

もっとかわいい癒し動物画像とかネットで簡単に見られるから、無理に周りまで癒そうとしなくていいんだよ?

今日はカメラを向けたら笑ったよ♪
ちょっと機嫌悪くてこんな顔!
この寝顔に癒されます♪

って画像付きの投稿、ものすごい多いでしょ?はっきり言って、それ身内でやってれば?みたいな。
他人の子どもの成長を見るのなんて、年1回の年賀状写真で十分。そんなにあなたの子どもの毎日の成長に興味ありませんから。

「旦那が料理作ってくれた!すごいおいしい!」
「風邪気味の私に、ポカリ買ってきてくれた」
「誕生日にこんなのもらったよ♪」

ただ自慢したいだけの投稿。
「いい旦那さんだね」と言ってもらいたいがための投稿としか思えないし、正直言って、そんなことわざわざ投稿することじゃない。

「私はこんなに幸せなのよ」
「こんなに素敵なプレゼントをもらえちゃう女なのよ」
「人気のカフェでお茶する私って素敵でしょ」
「私の休日ってこんなにセレブなのよ」という自己満足と自慢だらけ
はっきりいって嫌悪感しか抱かない。

自己啓発型

「ここで終わりじゃない
 ここからが本番
 気合いれていこう」

「今日も新たな発見
 周りからいろいろ学べるって素晴らしい」

「意識して無意識に気付けた」 (?!?!)

こういうのは、自分の心に留めておいてよ。ていうかさ他人に言ってどうするの?周りに何を求めているの?コメント困るからホントやめて?

食品の安全性だとか、脱原発だとか、生活習慣だとか、不買運動だとか、そういう記事のシェアや拡散。

これらはほとんどが意識高い系をアピールしているんだと思いますが、せめてその元ネタにちゃんと確証があるのか、そういうことを確認してシェアした方がいいと思う。

シェアするなら、お勧めの音楽とか、オモシロ動画とかのほうが楽しい。

大学生、もしくは社会人になるとなぜか周りに増えてくる自己啓発が大好きな暑苦しい人達…。

ただのポジティブならいいんだけど、自己啓発系ってそれを周りに拡げようとするところが嫌。
急に胡散臭くなるよね。 自分だけでやってろ、って思う。

ありえない型

意外と多いのがこれ!
「子供高熱で病院で点滴中(TT)」
「急にめまいがして病院です」
「こんなにぐったりしてる○○ちゃん見るの辛い」

辛いと言いながら子供の写真アーップ!
点滴しながらうなだれてる自分写真をアップ。

本当に意味わかりません。看病または療養に専念してください。そもそも病院で携帯で写真撮ってるとか、非常識でしょ。

デートの様子を細かく写真付きで説明。
どこに行って~何を食べて~
こんなことをしたよ~!

他人に報告してどうするの・・。
思い出は二人で共有しなさい。
そんなに堂々と公開してたら、別れた時にネタにするよ?

では逆に好感が持てる投稿とは?

きれいな景色が嫌いな人はいません。
ましてや自分の行ったことのない場所だったり、穴場の絶景だったりすれば、とてもうれしい。

ただし、この中に自分の姿がさりげなく・・ではなくポーズつきで入っているとただの自慢になるので要注意ですwあくまで「景色」w

男女ともに総じて評価が高いのは、旅行先や美しい風景の写真。共感ポイントが高い投稿のようです。ただしこちらでも自慢ぽいのは厳禁。「ヒマだからハワイ来ちゃった~」などとは口、いいえ、手が滑っても書いてはいけません。

出典fundo.jp

思わず噴き出しそうになる画像を偶然見つけたら、みんなにも見せてあげないと!

笑える画像はやっぱり好感度大!

1