1. まとめトップ

坂出タケノコ掘り女児行方不明事件【大西有紀ちゃん】

005年4月29日午後1時45分ごろ、香川県坂出市王越町の五色台ビジターセンター付近の竹林で、香川県五色台連絡協議会主催のたけのこ掘りのイベントの開催中に、高松市浜ノ町、会社員大西正芳さん(48)の二女有紀ちゃん(5つ)が行方不明になった。

更新日: 2016年08月03日

0 お気に入り 71101 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

win-winさん

大西有紀ちゃん タケノコ掘り行方不明事件

2005年4月29日午後1時45分ごろ、香川県坂出市王越町の五色台ビジターセンター付近の竹林で、
香川県五色台連絡協議会主催のたけのこ掘りのイベントの開催中に、
高松市浜ノ町、会社員大西正芳さん(48)の二女有紀ちゃん(5つ)が行方不明になった。
坂出署や地元消防団などが午後九時まで現場周辺などを捜索したが、発見には至らなかった。
町のレクリエーションイベントで60人の人間が参加していた中での行方不明事件である。

調べでは、有紀ちゃんはこの日、母親(42)と姉(8つ)の三人で同センター主催のタケノコ掘りに参加、
午後一時からタケノコを掘っていた。
有紀ちゃんは身長約一〇五センチで髪は肩までのおかっぱ。赤とオレンジの横しま模様の長袖Tシャツ、
オレンジ色のラインが入った紺色ジャージズボン姿で、ウサギの絵が入った靴を履いていた。

http://minamana2ch.seesaa.net/article/390144485.html

失踪当日の流れ

・午後1時頃から、タケノコ堀りをはじめる。

・午後1時40分頃、4本目のタケノコを発見した有紀ちゃんは、タケノコ掘りが楽しくなってきた様子で、
『もう一本とってくる』と母親に告げた後、一人で走っていった。これが有紀ちゃんを目撃した最後となる。
団体からはぐれた後の有紀ちゃんは、母親からはぐれた後遊歩道を時計回りに徒歩で移動したと思われる。

・集合時間まじかになっても有紀ちゃんが戻って来ないので、母親が他の参加者などと付近を捜すも見つからず。

・午後3時に、ビジターセンターから警察に連絡。

・午後3時45分頃に警察が到着。

・午後5時頃には地元消防団も到着。警察・地元消防団による本格的な付近の捜索がはじまる。

・坂出署や地元消防団などが午後9時頃まで現場周辺を捜索したが、発見には至らず。

http://fumibako.com/kowai/story/case/11.html

大西有紀ちゃん タケノコ掘り行方不明事件

捜査状況と憶測

坂出署や地元消防団が中心となり、連日100人~200人体勢、延べ3000人を動員した捜査を行った。
捜索範囲も竹林の横の池(通称タンベ池)、周辺の山林と徐々に広げて捜査するも、手がかりは見つからず。
有紀ちゃんの身につけていた帽子や靴、手がかりになるような遺留品も一切見つかっていない。

一匹の警察犬が、有紀ちゃんの持っていた水筒の匂いを頼りに行方を追っていたが、ある場所でぴたりと足を止め、動かなくなってしまった。
翌日も4匹の警察犬を投入したが、4匹とも昨日の警察犬と同じ場所で止まってしまったという。

車の入れない山間部での行方不明事件であり、ある場所で突然匂いが途切れている事から、
一部ではワシなどの大型の鳥類に連れ去られたのではないか?という説もある。
(実際にワシはヤギなどの動物も掴んで飛ぶ事が出来るそうだ。※大西有紀ちゃんの体重は15.5kg程。)

http://fumibako.com/kowai/story/case/11.html

大西有紀ちゃんの失踪当時の当時の特徴

幼稚園年長(当時5歳)で、おかっぱ頭。身長106cm・体重15.5kgと細身。
失踪当時の服装は下記の通りである。(※関連画像の項の画像参照)
・ピンクの帽子(左側に花模様)
・赤とオレンジのしま模様の長袖シャツ
・軍手(白・子供用)
・紺の長ズボン(オレンジの三本ラインが入っている)
・ピンクの靴(ウサギの柄)

http://yuuki.n-ne.jp/

情報提供先

大西有紀ちゃん タケノコ掘り行方不明事件

1