1. まとめトップ

マジか…『20年』経過していたサービス・商品まとめ2015

時の流れは早いものです。20年なんてあっという間です。20年前のサービス・商品をまとめました。平成7年。GAP,プレイステーション&セガサターン,サマンサタバサ,少年エース,プリント倶楽部,QBハウス,トッポ,じゃがりこ,ウイダーinゼリー,爽健美茶,ブラックサンダー

更新日: 2015年03月25日

1 お気に入り 5537 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zandakasanさん

▼もくじ

『プレイステーション&セガサターン』
『GAP(ギャップジャパン)』
『少年エース』
『サマンサタバサ』
『プリント倶楽部』
『QBハウス』
『ウイダーinゼリー』
『爽健美茶』
『ブラックサンダー』
『トッポ』
『じゃがりこ』

『プレイステーション&セガサターン』

PlayStation(プレイステーション)とは、1994年12月3日に発売された家庭用ゲーム機。

セガサターン(SEGA SATURN)とは、セガ・エンタープライゼス(現:セガ)から発売された家庭用ゲーム機である。1994年11月22日発売(セガサターン HST-3200)

セガサターン 「バーチャファイター2」OP

『GAP(ギャップジャパン)』

ギャップ(Gap Inc.、NYSE:GPS)は、アメリカ最大の衣料品小売店。

日本では1994年(平成6年)12月に日本法人 「ギャップジャパン株式会社」を設立し、翌1995年(平成7年)に第一号店を東京の数寄屋橋阪急内に開店した。

『少年エース』

『月刊少年エース』(げっかんしょうねんエース)は、角川書店が1994年(平成6年)より発行している月刊漫画雑誌。

「月刊少年エース」創刊20周年記念PV

『サマンサタバサ』

サマンサタバサは、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが企画・製造・販売を行っているバッグ・小物・ジュエリー、ゴルフウェアのブランドである。

ターゲットはジュニア世代から20代~40代までと幅広い。手頃な価格感、シンプルなデザイン

『プリント倶楽部』

1995年7月に発売。プリント倶楽部(プリントくらぶ)は、自分の顔や姿をカメラで撮影して、シールに印刷された写真を得る機械の商品名である。俗称「プリクラ」。

プリントシール機は1995年にアトラスが『プリント倶楽部』を発売し、当時の女子高生を中心に“プリクラブーム”を巻き起こした。

『QBハウス』

「QBハウス」は、「料金1,080円」でヘアカットを行う。1995年12月20日に、会社設立。

『ウイダーinゼリー』

ウイダーinゼリー(ウイダーいんゼリー)は、森永製菓が米国のボディビル・ニュートリションを手掛けるウイダー (Weider) 社と提携し、「ウイダー」ブランドで発売しているゼリー飲料である。1994年に発売。

当時、朝食をとらない人が増加し始めたことに着眼し、1個でごはん1杯分のエネルギー(180キロカロリー)を摂れる手軽さを売りにした。

『爽健美茶』

爽健美茶(そうけんびちゃ)は、日本コカ・コーラが販売している清涼飲料水。

「爽健美茶」は「爽やかさ、健やかさ、美しさをもたらしてくれるブレンド茶」というコンセプトのもと誕生し、1993年に九州地区でテスト導入がスタート。

『ブラックサンダー』

ブラックサンダーは、有楽製菓が製造している準チョコレート菓子である。1994年発売開始。

05年頃から慢性的に製造が追いつかない状況でしたが、オリンピック直後はまさにフル回転。怖いほど注文が殺到しました。

1 2