1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

月9ロスの人にイチオシの新作映画「エイプリルフールズ」

話題を呼んだ月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」が終了し、寂しい気持ちを持て余している方に知ってほしい!月9の脚本を手がけた古沢良太さんが、「リーガルハイ」のスタッフと手を組んで、最高の映画を完成させたみたいです。

更新日: 2015年03月25日

122 お気に入り 94964 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ringo-mikanさん

インパクトがありすぎた月9ドラマ「デート」

恋愛不適合者のイタい2人が結婚を目指してデートを重ねる姿をコミカルに描き、奇抜な設定が話題を呼んだ。

早くも「デート」ロスになっている人が…

毎週楽しみだった月曜日…。
もう終わっちゃった…。

デート面白い(笑)終わっちゃうのさみしい(´・。・`)

月9ロス\(↑o↑)/憂鬱な月曜日を支えてくれてありがとう、デート!!!

デート終わってしまった。。。ロス!ロス!依子ロス!

そんなあなたにオススメしたい新作映画!

「映画館でしか見られないエンタテインメントを!」をモットーに製作された「エイプリルフールズ」は、1年に1度だけ嘘をついていい日、4月1日の東京が舞台

なにげなくついた嘘がウソを呼び、あちらこちらで大騒動が勃発!嘘の中に隠されていた真実とは……。

27名もの俳優陣が7つの“嘘”を巡って運命を交差させていくさまをコミカルに描き出していく。

脚本は月9「デート」を担当した古沢良太

脚本は「リーガルハイ」シリーズなど手掛けた古沢良太の、映画『キサラギ』以来となるオリジナル脚本映画。

登場人物27人全員が何気なくついたちょっとした嘘が嘘を呼び、各所で大騒動がぼっ発するという、古沢脚本の真骨頂ともいえる作品だ。

一つのシチュエーションの中に、超個性的なキャラクターが登場し、複数のエピソードが同時に進行する複雑怪奇なストーリーが展開する。

月9「デート」にも引けを取らない個性的なキャラクターが多数!

「リーガルハイ」のスタッフが集結!

『リーガル・ハイ』の演出を務めた石川淳一が初監督を務める。そのほか、スタッフやキャストにも『リーガル・ハイ』出演者、関係者が多数含まれる。

「この映画、『ジャンルは何?』と問われると、ちょっと考えてしまいます。『コメディ?』…うーん、『人情もの?』…うーん、でも笑って、泣けて、ビックリできる。リーガルハイでご一緒した時も思いましたが、古沢脚本、恐るべしです」と最敬礼。

石川監督のコメントです。

映画でも「伏線」の回収がハンパない!?

同時並行で事件が起き、何組もの人々が何カ所もの場面で交錯して行くコメディ。もつれにもつれた話はどう着地するのか。

嘘なんてグレーなものをテーマに据えながらこの痛快さ。ドミノ倒しのようなテンポの良さで相当ダークな嘘すらハッピーエンドに持って行ってしまう展開

「これだけたくさんのエピソードが詰まっているのにすべてが繋がり、そして完璧に回収されていく。脚本をいただいた時も、笑えて、ほろりときて、あっという間に読んでしまいました」

松坂桃李さんのインタビューでのコメントです。

1 2 3