1. まとめトップ

切ない社畜賛歌!最近流行りの社畜童話が残念過ぎる件

以前ネットで話題になった社畜の悲しさを謳った、童謡の替え歌、社畜童謡に引き続き、名作童話を一気に物悲しくさせる、社畜童話も最近出てきました。

更新日: 2017年05月27日

7 お気に入り 4874 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

社畜(しゃちく)とは

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマン、OLの状態を揶揄したものである。「 会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。 アルバイトで8時間より多く働くのも同じである。

社畜童話

社畜童話とは、日本でも定番な過去の名作童話を、主人公と物語を社畜仕様に変更し、物悲しい話に落としてしまったシリーズになります。

「お婆さんの耳は何故そんなに大きいの?」 「それはね、毎日クレーマーの愚痴を聞くためだよ」 「お婆さんの目は何故そんなに大きいの?」 「毎日13時間パソコンと向き合う為だよ」 「どうしてお仕事辞めないの?」 「それはね、65歳からじゃないと年金貰えないからだよ……」 #社畜童話

「ごん、お前だったのか。いつも社内サーバーのメンテナンスをしてくれてたのは」 派遣切りされたごんの座っていた机には、もう誰もいません。 エラー音とともに社内サーバーが停止しました。 #社畜童話

犬猿雉「仕事内容が報酬に見合わないため退社させてください」 桃太郎「は?今の時期に?社会人としてありえない。人が足りてないから雇ってるんだよ?退社は認めないから」 犬猿雉「残業代もでないのでしょう」 桃太郎「君たち請負雇用だし関係ないから」 #社畜童話

とうとうある日、本物のブラック企業が現れました。労働者の少年は「ブラック企業が出たぞー!」と叫びましたが、村の人達は「甘えている」「努力が足りな い」「自己責任」と誰も相手にしませんでした。やがてブラック企業は労働者を食べ尽くし、日本を滅ぼしてしまいましたとさ。 #社畜童話

「わかりました。私が一晩でコードを書きましょう」 ツルツルのおじさんはそう言いながら深夜残業を始めました。 「ただし、決してコードを覗き、リファクタしようとしてはいけません。」

現代のサラリーマン、いや、それに限らず社会人は、ほんとこの画像通りの人間だらけになっていて悲しい限りですね。
社会も会社も、経営者も労働者も、すべてがこの状況に甘んじていて反乱も起こさないなんて・・・。

桃太郎「やい!鬼!退治しにきたぞ!」 鬼「アポなしで来るとか常識あるの?」 桃太郎「あ、いえ、その……」 鬼「道中の鬼に挨拶した?っていうか受付に言った?いきなり代表者のところに来るって、そっちの会社どうなってるの?」 桃太郎「えっとその……ごめんなさい」 #社畜童話

王子様は、死んだ白雪姫が収められている棺を見つけ、中にいる白雪姫の耳元で、こう呟きました。 「納期、明日だぞ」 白雪姫が突然目を開けました。それを見た王子様は、こう続けました。 「あ、それと、死んでいた間の給料は出ないからね」 それを聞いた白雪姫はマジで死にました。 #社畜童話

昼夜問わず労働を強いられ、少女が路上で死亡した事件。裁判で、赤ずきんちゃんの死は過労死と認定された一方で、父親には懲役5年執行猶予2年というあまりにも軽すぎる判決が下されました。今、子供を取り巻く労働環境はどうなっているのか。クローズアップ現代は今日夜7時半からです #社畜童話

「うんとこしょ。どっこいしょ。それでもカブは抜けません。
マネージャー『あのさぁ…… 人ばっかり集めてどうすんの? 頭使わなきゃ。これで失敗したら俺が本社に経緯を説明しなくちゃいけないんだよ? 今のリソースで何とかするのがお前たちの仕事だろ?』」(『おおきなかぶ』の改変)

「魔女さん、わたし正社員になりたいの」 「それではこの会社に転職おし。でも代わりにお前の声を貰うよ」 社員になった人魚姫でしたが、給料は下がり残業代も出ず、休みも無くなりました。 声を失い労組に訴える事も出来ない人魚姫は世を儚んで社会の泡になって消えました。 #社畜童話

どれも社畜の悲哀に満ち満ちていますね・・・、ひどい。
この国はもう終わりですね。

「マッチいかがですか」 少女はマッチを売りました。月給は手取り13万円、月200時間を超えるサービス残業、氷点下0度の過酷な労働環境の中で。 少女が寒さに耐え兼ねてマッチを擦ると、会社は商品であるマッチを無断使用したとして、少女を訴えました。 #社畜童話

カタカタ、カチッカチッ、カタカタカタ、、、ツルはウェブサイトのコーディングをしていました(略)『進捗どうですか』とおじいさんが障子をあけて隙間から覗くと、ツルはストレスで自分の羽をむしっていました

女神「お前が落としたのは年収1000万のキツい仕事か、それとも年収300万の楽な仕事か」 社員「年収300万の楽な方です」 神「正直者よ、両方の仕事を与えよう」 社「両方の仕事」 神「そして2つをこう、合わせると、年収300万のキツい仕事になる」 社「キツい仕事」

シンデレラはいいよなぁ12時に魔法が解けるんだから

社畜童謡

みんなが働くプロジェクト
終電乗れたこ
一等賞
炎上続きでまた明日~
まーたあ~し~た~
(人間ていいな)

↑のような、童謡を切ない社畜バージョンに変えたものが以前ネットで話題になりました。

参考

1