1. まとめトップ

【厳選】東京の絶品イタリアンが食べられるお店

こちらでは東京で人気のイタリアンのお店をご紹介します。 東京は食の街として知られています。 そんな東京で人気のイタリアンのお店、なかでもカジュアルに利用出来るお店「本当に美味しい」イタリア料理店のまとめです。デートや大切な人との食事の際に参考にして下さい。

更新日: 2015年04月02日

9 お気に入り 5395 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

vorreiさん

■ボガマリ・クリチーナ・マリナーラ (北参道)

。「当店にはお魚しかございません。肉のお料理のご用意はございませんのであしからず」と、テーブルマットにも書かれてて、そこに惹かれてやってきた

イタリアの港町にあるような魚市場のトラットリアをコンセプトにしていて、

テーブルにはメニューがなく、キッチン側にある魚のショーケースを見ながら、

スタッフの方から話を聞いたりして、相談してメニューを決める。

■トラットリア ダル・ビルバンテ・ジョコンド (目黒)

イタリアにいるかのようなローマ料理を愉しむトラットリア

ぬくもりある黄色の外壁に「TRATTORIA」の看板が目を引く外観はまるでローマの街中のレストラン。料理もトリッパなど内臓を使った料理など伝統的なローマ料理が味わえる。また炭火で焼きあげる骨付き肉も絶品。

提供する料理はローマ料理がメーン。「伝統的な料理で、内臓を使った料理が多いのも特徴」

■ロッシ (麹町)

1993年に六本木にOPENして北イタリアの郷土料理を日本に紹介して、夜な夜なイタリア好きの食通が集まる店として知られていた「Rossi(ロッシ)」のシェフ岡谷文雄氏は、その後表参道フェリチタの総料理長を務めていましたが、2011年9月20日に麹町の日テレ通りについにRossi(ロッシ)を復活させました!!

お料理のコンセプトは、「複雑なものよりも、単純な組み合わせでおいしいシンプルな料理をと、型にはまらないオリジナリティあるイタリアン」。

■インカント (広尾)

広尾のワイン&イタリアンの「インカント」、イタリア本国のソムリエ協会認定プロフェッショナル資格を持つ、オーナーソムリエの竹石航氏のお店です。
「インカント」とは、イタリア語で「魅了」とか「魔法」という意味。

イタリア全土とその周辺から厳選したワインと、シェフ小池教之氏のイタリアの郷土料理が落ち着いた雰囲気の中で楽しめます。

このお店で特筆すべき点は、そのメニューの多さ。
この日のメニューブックには、アラカルトとして
 ・前菜(1600円~2000円)が15種(肉6・海5・野菜4)
 ・肉料理(2600円~4,000円)が13種
 ・パスタ(1700円~2000円)が15種(肉6・海4・野菜5)
 ・この他にお勧めメニューなどが16種
が載っていて、それらをざっと読むだけでかなりの時間を要してしまう。

■トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ (渋谷)

イタリアン好きにとっては、一度は訪れたい店。そして、一度訪れると病みつきになるお店です。その秘密は、石川勉シェフとスタッフが醸し出す「家族的な雰囲気」の心地よさ。活気にあふれ、温かで楽しい雰囲気に包まれたその時間は、料理のおいしさとともに訪れる人たちを虜にします。

店内はゆったりとした温かい雰囲気に包まれ、トンマジーノと比べテーブル席は余裕があり、バーカウンター席の脇には半個室風のテーブル席もある。

1 2