1. まとめトップ
  2. 雑学

みんな最初は苦かったけど…ビールを美味しく感じるワケ

最初はみんな苦く感じたはずのビール。いつの間にか美味しく感じるようになりますが、なぜなんでしょうか?

更新日: 2015年04月04日

333 お気に入り 767101 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ピュンマさん

▼ビールって苦い…

ビール?美味いとは思わないし苦いだけやw ノンアルコールビールも飲めない(´・ω・`)

球場でビール呑める人になりたいわー(笑) ビールの美味さがいまだに分からんw苦いし、おいしくない(´Д`)

▼特有の苦みで苦手な人も多い「ビール」

とりあえずビールで乾杯!
でも、苦手な人にとってはつらいところ…

「とりあえずビール」は、酒の席で始めの一杯として人数分のビールを注文する際の常套句として用いられる。

ビールを苦手とする若者は、ビール特有の苦みを「おいしくない」と感じている

▼最初はみんな苦かったはずだけど…

誰でも最初は「苦い!」と感じたはずのビール。
いつの間にか「美味い!」に変わってますよね…

初めて飲んだときの感想は「『苦い!マズい!』だったのが「いつのまにか好きになっていた」とみんな口をそろえるビール

ビールを飲み始めた頃は、苦いだけだったビールが、飲み続けているとおいしてくてたまらなくなったという方もたくさんいらっしゃると思います。

大人になると苦いビールを「美味い美味い」とゴクゴク飲むようになるのはいったいどうしてなんでしょうか。

幼い頃、父親がビール飲んで「ぷはぁーうめぇー」って言うのを見て憧れを抱き、きっと大人になったらおいしく感じるんだ!楽しみ!と思ってたけど、あの感覚未だにわからない。飲み会とかでみんなビール飲んで「ぷはぁーうめぇー」って言うの正直ズルい。

素敵な大人になるための修行。ビールは喉で味わうものって知ったからゴクゴク飲んでみた。少しだけ掴みかけてはいたがまだまだ分からない。てか、どのビールが初心者向けなのか。そんな事より部屋が寒い。 pic.twitter.com/0DeyKDVQow

▼苦味を美味しく感じるのは成長した証

ビールを美味しく感じるということは、人として成長したということ?

「苦味」は、人が成長するにつれて好むようになる味です。

ビターを味覚として美味しいと感じるのは、実は身体的・精神的に進化・成熟した証拠なのです。

ビールに限らずどの食べ物や飲み物でも苦味を美味しく感じるには慣れがが必要で、慣れればなれるほど苦味がおいしくなる

どうやら人は、人生経験を重ねることで、苦味を美味と感じるようになるようです。

ビール今まで飲めなかったのに、飲めるようになってた いつのまにか大人の階段登っていた…◇

最近やっと、ちょっとビールが美味しいと思えるようになった キンキンに冷えたやつ 大人になったかな…なったかな…

ビール苦手だったのに美味しいと感じるようになってしまった(´-`).。oO大人になったなぁ

▼ストレスが溜まると、より美味しく感じるらしい

仕事の後の一杯が美味しいのは、苦味成分の抗ストレス作用が関係しているみたいです。

苦味成分には、抗ストレス作用があることが知られており、ストレスを感じた後は「苦味」をあまり感じなくなることもわかってきました。

1 2