1. まとめトップ

縁結びだけじゃない!筑波山はパワースポットだらけ[筑波山神社][縁結び]

都心から意外と近い筑波山。そんなパワースポットだらけの筑波山に行ってパワーをもらいましょう。ケーブルカーや、ロープウェイがあるので、登山しなくても山に登れるのも特徴です。

更新日: 2015年03月26日

8 お気に入り 60819 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gomen-nekoさん

縁結びで有名な筑波山神社

■筑波山とは

筑波山(つくばさん)は、関東地方東部の茨城県つくば市北端にある標高877mの山。西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる山。

出典banq.jp

「西の富士、東の筑波」と称される。

山から元気をもらう。樹齢800年の大杉もみなぎるパワーの源
山そのものをご神体とする筑波山は全体がパワーの固まり。筑波山神社の神官によれば「山の巨岩、巨木、清水などいたるものに神様が宿っている」とか

筑波山といえば、茨城県を代表するパワースポット。なにしろ、山そのものが御神体なのですから、そのパワーは相当なものです。
その豊かな自然の中にさまざまな名所・旧跡が点在し、はるか昔からの伝説や言い伝えも数多くあります。

■登山しなくても、山頂に行けるのがいい!

行きはケーブルカーや、ロープウェイで山頂に行き、パワースポットを巡りながら下山するのもいいですね。

■筑波山内のパワースポットを紹介

筑波山神社境内の随神門近くに立つ大きな杉の木です。樹齢約800年、幹まわり9.8m、高さ32mの大杉は、見る者を圧倒させる不思議なパワーを感じさせます。

願い石(筑波山神社で祈祷された小石)に願い事を書き入れ、山頂の御本殿にもほど近い、標高約750mのこの場所に置くと願いが叶うと言われています。(初穂料300円)

山頂のご本殿への出入りは禁じられており、現在「大石重ね」のある標高750m付近が一般の参拝者が立ち入りすることができる一番高い場所だったそう。

岩を抜けることで、生まれた姿に立ち返ることを意味しているといわれています。

出典banq.jp

頭上の岩が今にも落ちそうで、弁慶も七戻りしたといわれている石。聖と俗を分ける門だともいわれています。

大仏のように見えるこの巨岩は、高さなんと15m。

縁結び 夫婦円満

出典ameblo.jp

日本百名山の1つ、筑波山そのものをご神体とする神社です

西峰・男体山山頂の本殿にはイザナギ尊(夫/兄神)を、
東峰・女体山山頂の本殿にはイザナミ尊(妻/妹神)を祀り、
山腹の拝殿から両本殿を遥拝します。

この石の上に鶺鴒(せきれい)という鳥が止まり、男女の道を教えたという言い伝えがあります。

出典banq.jp

筑波山の頂より流れる「男女川」と、その隣にそびえ立つ推定樹齢800年の「紫峰杉」。たっぷりのマイナスイオンを感じられるこの場所は、筑波山の新たなパワースポットとして人気となっている。

見事な枝ぶりのこの杉は、ご神木の大杉同様に自然のパワーを感じさせられます。

筑波山は男体、女体の二峰に分かれており、この二峰のちょうど中間点から流れ出ているのが男女川の源流です。筑波山の山頂から流れ落ちるこの川は、麓の桜川に注いでいます。第57代陽成天皇が歌を詠んだことでも知られ、小倉百人一首で伝わっています。

山全体が、縁結びなんですね。

1 2