1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ジャンプの失敗があっても五輪王者として演技点ではトップを守ってきたが、この日はフェルナンデスに劣った。羽生自身の得点もGPファイナルに比べ3点以上下がっており、これが同等なら連覇は達成できただろう。演技点は、いわばスケーターの基本的な評価。ジャッジにも見透かされていた気がしてならない。

 ケガなどで難しい状況だったとしても、メーンコーチであるオーサー氏のいるカナダではなく、国内で最終調整したことには疑問符がつく。フィギュアは、やはりスポーツ。ストイックに追い込むべき時期に適切な指導を欠けば、甘くなることもある。これが4分30秒の長いフリーで露呈してしまうのが常だ。

【上海共同】25日に開幕するフィギュアスケートの世界選手権で日本選手初の2連覇を目指すソチ冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)が23日、開催地の上海に到着した。昨年末に腹部を手術し、その後も右足首を捻挫するなど状態が心配される羽生はマスク姿で空港の到着ロビーに姿を見せ、無言のまま関係者にガードされて迎えの車に乗り込んだ。

 上海での試合は、中国選手と激突して負傷した昨年11月の中国杯以来となる。

プリンスが無言のアピール!?フィギュアスケートの世界選手権(25日開幕)で連覇を目指す羽生結弦(ゆづる、20=ANA)が23日、開催地の中国・上海に入った。昨年末の全日本選手権以来、約3カ月ぶりに公の場に姿を見せたが終始、無言。最初は速足で歩いていたが、軽くスキップした次の瞬間、いきなり走りだした。

 全日本選手権後に「尿膜管遺残症」と診断されて腹部の手術を受け、1月末に練習を再開してから右足首を捻挫。コンディションは万全ではないが、空港内のダッシュを見る限り、オフアイスでは影響はなさそうだ。選手、関係者は大会組織委員会が用意したバスで移動するのが通例だが、羽生陣営は手配していた乗用車に別の場所から乗り込むなど、ガードも鉄壁だった。

試合の行方

ケイトリン・ウィーバー / アンドリュー・ポジェ
[写真]ケイトリン・ウィーバー / アンドリュー・ポジェ組(カナダ)

優勝争いの軸は、昨季世界選手権の銀メダリストでグランプリファイナル王者であるウィーバー/ポジェ組(カナダ)が中心と思われます。四大陸選手権では、SDで3位とコンディション調整に苦しんでいるかに思われましたが、FDの意地の巻き返し。FDでのレベルと加点を積み上げる力が群を抜いています

1