1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

幻の和菓子とも言われる金沢の「吉はし」の情報まとめ

金沢にある「吉はし」の上生菓子は、作り置きや店売りをしていないため、和菓子通の間では有名な幻の和菓子と言われています。そんな幻の上生菓子を頂くことができるお店をまとめてみました。また、セカンドラインの「豆半」は、お土産にもおすすめです。

更新日: 2017年06月20日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
225 お気に入り 59155 view
お気に入り追加

金沢に通の間で有名な「吉はし」という和菓子店があります

客の望む上生菓子を作り、作り置きや店売りをしない珍しい店が金沢市にある。同市東山の和菓子店「吉はし菓子所」だ。

滅多に口にできない特別な上生(じょうなま)菓子といえば、「吉はし」。なぜならば、駅やデパートなどで販売を行っておらず、店頭販売もないから。

吉はしさんは・・・金沢でも有名な和菓子店で、とりわけ料亭やお茶会の席などでしかなかなかお目にかかれない

吉はしの上生菓子は「幻の上生菓子」と言われています

「吉はし」の和菓子は店頭小売りを一切しておらず、料亭やお茶席専門となっているゆえに幻と称されている

「吉はし」の上生菓子は地元民でさえもこういう場でないと食べられない幻のようなお菓子。

上生菓子は日持ちも短く、長時間持ち歩けない、とても繊細なものなので、こういった営業形態をとられているお店のお菓子をいただく機会というのは、とても希少価値の高いものなのです。

卸している茶房やカフェも多くはないため、“幻の上生菓子”とも言われています。

お茶席で吉はしのお菓子が出ると喜ばれるとか

茶事で吉はしのお菓子が出たとなると「あら、上等やね〜」と茶席の評価が高まる、そんな存在なのであります。

電話予約をすれば個人で購入も可能です

巷では、「幻の吉はしのお菓子」とも言われているようですが、電話予約すれば2個[1個260円(税別)]からご用意いただけるようです。

ただし、お店に直接とりに行けることが条件です。

前日お昼頃までに注文すれば一般客も2個から購入できます!「吉はし流で季節の上生菓子を」と言えばオッケー。おまかせで作ってくださいます。

↓↓↓とはいえ、観光で上生菓子をお土産に購入するのはなかなか難しいので、お店で頂くことができるのところをまとめてみました。

吉はしの上生菓子を頂くことができるお店

※各店限定数があるので、必ずあるとは限りません。

ひがし茶屋街にあり、「吉はし」の和菓子が食べられるお店として有名。
また、お座敷からの眺めも素敵です。
http://www.higashi-kureha.com/

色んな作家さんの器が展示販売してあるギャラリースペースの奥で、庭園を眺めながらいただくことができます。
http://kanazawabiyori.com/shop/shop_1536.html

観光で行くにはちょっと不便な立地ですが、地元でとれた、旬の肉、魚、山菜などを使った料理をいただくことができます。
http://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17006314/

金沢で有名な高級料亭。
なので、吉はしの和菓子を食べるためにいくところではないのですが、こちらでもいただくことができます。
http://www.kinjohro.co.jp/

1 2





新規のまとめ作成はやめます。