1. まとめトップ

【初心者でも簡単マスター】これであなたも“アオリイカ釣りの達人”に!

近年、大流行のエギング!そのエギングの1番人気なのがイカの王様と言われるアオリイカ。手軽で簡単に楽しめ、そして食べて美味しい【アオリイカ釣り】がおすすめ!初級、中級者までアオリイカのエギング釣り仕掛けやヤエンの仕掛けなどの釣り方から、生態、食べ方のまとめ。動画での解説やブログでの体験記なども掲載。

更新日: 2015年04月16日

39 お気に入り 85741 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

falcon001さん

★ アオリイカとは?

海草は春の親イカが産卵する場所でいい海草がたくさん生えているエリアには大きなイカがストックされやすい。春は必ずチェックしたい場所。

アオリイカ(障泥烏賊、Sepioteuthis lessoniana) は、ヤリイカ科・アオリイカ属に属するイカの一種。日本沿岸に分布する大型のイカで、食用や釣りの対象として人気がある。
胴長は約40-45cm。大きいものでは50cm以上、重さは6kg以上に達する。沿岸域に生息するイカとしては大型の部類に入る。

胴が丸みを帯び、胴の縁に渡って半円形のひれを持つ。

外見がバショウの葉に似ることからバショウイカとも呼ばれる。その他藻場に産卵するため四国地方ではモイカ、九州地方ではミズイカ、クツイカ、沖縄地方ではシロイカ(シルイチャー)などの別名がある。

胴の模様が横長なのがオス

丸い点があるのがメスになります

★ アオリイカ釣りの魅力

イカは美味い! (*゚▽゚*)ノ
 何を差し置いても、エギングがこれ程に人気になった理由として食って美味いと言うのが
人気の理由だと思います。

イカは意外と抵抗する!
 やはり釣って楽しいのもルアー釣りの魅力の大事な要素で、もしもイカの抵抗がなかったら
これ程にエギングが人気にならなかっただろうと思います。

豊かなゲーム性!
 ルアー釣り全般に言えますがゲーム性にもと富んだエギングもエギンガーを惹きつけます。
 釣り場選びから始まり、エギの種類やロッドの選択、ラインなどの選択は他のルアー
釣りと同じように釣果を左右しますし、独特のロッド裁きなどもあります。

最後に…人気なのには訳がある!

 (´∀`*)ノ 身近な釣り場で気軽に釣れ、初心者な子供や女性にも釣れる可能性が
あり、新鮮で美味しいイカが持ち帰れる!!

★ 生息域と生態

北海道南部以南の日本海側、太平洋側の日本各地沿岸部、特に九州、沖縄に多く分布しています。又、外国では東シナ海から南シナ海、オーストラリア北部以北の西太平洋やインド洋、紅海の各国沿岸部にも分布しています。

通常は比較的深い場所にいるが、春から夏にかけては産卵のために浅場に上がってくる。ふ化したアオリイカはそのまま浅場で甲殻類などを食べながら育ち、水温が低下するにつれて再び深い場所に落ちる。
エサは弱った小魚などで、足で捕まえて頭からかじるように捕食する。

★ 釣り時期

アオリイカの寿命は1年と言われ、夏に生まれ、秋から冬にかけて成長し、春に産卵を迎えて自分の命と引き替えに新しい命を産むとされています。

そのため、エギングを中心に考えれば、大きなイカを釣るなら春、小さいけどたくさん釣るなら秋がベストシーズンとされています。

★ エギング仕掛けとタックル(道具)

餌木という疑似餌を使った釣り(エギング)が幅広い年齢層に人気を呼んでいる。

「餌木」に対して活きた魚を泳がせアオリイカに捕食させ、ヤエンと呼ばれる釣具を降ろして掛ける釣法もあり、「ヤエン釣り」と呼ばれている。近年アオリイカブームに乗り、ヤエン釣り人口も増加傾向にある。

慣れているアングラーならガイド付きロッドで良いが、ビギナーは穂先に道糸が絡まないインターラインロッドをオススメします。エギカラーは視認性が良いピンク、オレンジが基本です。

タックル一日中手持ちで誘う釣りで、1m程の専用シャクリ竿が主流だが、最近ではイワシメバル用などのロングロッドを使って、大きな誘い幅の優位性を生かした釣法も人気。いずれの場合も、バット部分が短いとシャクリ動作がしづらく、手首などへの負担も大きくなってしまう。リールは、PE2号が100m巻ける小型両軸リールが適している。

道糸の先に中オモリ(8~15号を水深、潮の速さで使い分ける)を接続し、ハリス(フロロカーボン)4~5号3~5mで餌木をつなぐ。ハリスの長さは、船長に指示される場合があるので船上で用意するか、あらかじめ複数の長さのものを用意しておく。

エギを選ぶ3つの条件

「天候」、「海の濁り」、「時間帯」です。状況によってエギのサイズやカラーの選択条件が変わってきます。

釣り場について何となくエギを選んでいませんか?

エギを選ぶスキルが上がるとアオリイカが釣れる確率が高くなります。

エギのサイズは2.5号~4.0号まであり、標準サイズは3.5号です。

サイズは0.5号刻みで上がっていきます。

秋のシーズンは小さい子イカが多く、3.0号前後を使用し、春の大きな親イカは4.0号前後を使用します。

最近はより小さいエギとして2.0号などもありますが、3.0号~4.0号のエギさえあれば十分です。

エギングにおいてエギのカラー、サイズ、種類の中で最も大事だと考えているのがエギのカラーです。

エギのカラーはベースカラーとボディーカラーの2つから成り立っています。

ベースカラーとは下地カラーと呼ばれ、エギの本体に巻かれたテープの色です。

ボディーカラーとはベースカラーの上に布地で覆いますが、布地の色です。

エギのカラーにはアピール度というのがあります。

アピールが高いほど派手な色合いとなり、イカにエギの存在感をアピールします。

アピール系のボディーカラーとしてはオレンジ、ピンクが代表的です。アピールが低い地味なダーク系と呼ばれるカラーとしてはオリーブ、ダークレッドなどが代表的です。

中間的にナチュラルカラーとよび、海の色に近い青色などがナチュラル系と呼ばれます。

1 2 3 4