1. まとめトップ
  2. 雑学

続けることが難しい…「接客業」に向いてる人と向いてない人の違い

仕事をしているとミスしたり、壁にぶつかったりします。最初は楽しくても段々と楽しめなくなったり。そんな時、ふと「自分はこの仕事に向いているのだろうか?」と考えることってありませんか?特に向き、不向きが分かれると言われている接客業についてをまとめてみました。

更新日: 2016年12月28日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1018 お気に入り 1146225 view
お気に入り追加

▼仕事をしていると誰もが考える「この仕事、自分に向いてる?」

仕事をしているとミスしたり、壁にぶつかったりします。最初は楽しくても段々と楽しめなくなったり。そんな時、ふと「自分はこの仕事に向いているのだろうか?」と考えることってありませんか?

多かれ少なかれ「こんな会社でこんな仕事を続けていっていいものだろうか」とか「現在の仕事に一度きりの人生を捧げていいものだろうか」など将来への漠然とした不安や焦りを感じる

▼数ある業種の中で人気のある接客業。

接客業は大きく分けて2種類。
①「人」「個人」としての接客
→マスターだったり、店主だったり、個人として接客をし、それを求めてお客さまがやって来ます。

②「店員」としての接客
→チェーン店をはじめとする、店員としての接客。

衣類、雑貨、書店、家具、仏具、文房具、CDショップなどさまざま

▼でも、最も向き・不向きが出ると言われています。

思ってた仕事と違った。
出来ると思ったのに出来なかった。
意外と重労働だった…など、経験ありませんか?

特別な資格や能力が問われるわけではないので誰にでもできそうなイメージが先行。安易に応募し、入社したものの大きくミスマッチ。

▼みんなも感じてるみたい。

新しい職場、すでに色々移動があったのも相まって、対人疲れしてるけど接客は向いてるなあとおもう。人間観察たのしいです

ガソリンスタンドの仕事は初めての経験だが、接客が好きな僕にとって物凄く楽しい。。。(´ω`)ノ

つらいとすぐ笑えなくなるようになってしまったから接客業は向いていない。

私はイラっとしてしまうお客さんに対して優しくできないから、接客業に向いていない。

▼接客業に向いている人と向いていない人の違いはどこにあるの?

向いている人、向いていない人と言うのは少なからずあります。

初対面の人が「あの店員さんイヤだな」と違和感を持たれないようにしましょう。

話し上手、人当たり上手の方は、自然に接客業に向いています。

作り笑顔すらできない人間が、お客様を喜ばせる真の笑顔などできません

「話しかけやすい存在」であること「困ったらあの人に話しかけよう!」と思ってもらえる存在でなければなりません。

毎日いろんな人に会っていると、「こんなに素敵な人、初めて!」というケースもあれば、「この人、苦手」というケースもある

多少嫌な思いをしても、心に留めず、サラリと流すくらいの余裕

お客さんから難しい質問をされても、嫌な顔をしないで答えられる

1 2

関連まとめ





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう