1. まとめトップ

大手の給与水準のカラクリ!サラリーマン常時リストラの恐怖が現実化!フリーランス個人事業主が厳しい事実

大手の給与水準が高いのは、20代のサラリーマン賃金を大幅に安く抑えて、リストラの恐怖を現実化している為と思われます。そこでフリーランス個人事業主になっても厳しい現実がある事は確かです。

更新日: 2015年03月29日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 7152 view
お気に入り追加

30代前半の男性は、年収600万円。「とにかく年齢がものを言い、年功序列」であることに不満があるが、

20代の年収は、それほど高くない

三井住友銀行の営業職で働く20代前半の男性は、年収が437万円にとどまっていると明かす。

*他の業界よりもやや高い程度でしかない。

30代で待ち受けている激務

私は30代の男性(製造業勤務)ですが、激務に耐え切れず、約8年勤めた会社を今月9日に退職届(22日付け)を提出

50代で年収がガタ落ちする

エーザイ(応募396人)、三菱製紙グループ(200人)、大陽日酸(100人)といった大手企業も黒字にもかかわらず、リストラを実施

*ほとんどの企業は、40歳以上の社員を対象にしてリストラを実施している。

リストラ・激しい人員削減

音響・映像機器部門の売却に伴い国内外約1500人を削減するパイオニア、パソコン事業の赤字で900人を削減する東芝

派遣労働者の年収が低い

国税庁の調査によると、派遣やアルバイトなどを含む非正規労働者の2012年の平均年収は、男性で226万円。月給にして18.8万円あまりだ。

米・英でエンジニアの給与が高い

米国や英国では、エンジニアの給与が広報やマーケテイングなど他の職種よりも高く、それだけ大事にされている

個人事業主の雇用が当たり前の英国

英国では転職やインディペンデントコントラクタ(個人事業主)の短期雇用が当たり前。

でも、個人事業というのは大変

データのサンプル一つをクライアントに送るにも、送付案内の文面を考えたり、印刷したりしなければなりませんし、封筒等の事務用品も常に欠品にならないように管理

1 2





misukiruさん