1. まとめトップ

学歴が役に立たない!学歴を有効活用できない人が急増中!高学歴ワーキングプア問題

学歴を有効に活用できない人が増えてきています。高学歴を得ても役に立たない場合が増えているのです。高学歴ワーキングプアの問題についてまとめました。学歴を有効に活用できない人が増える背景には、学校で学んだ事が社会で通用しなくなってきている事があります。

更新日: 2018年10月27日

2 お気に入り 6132 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

過剰になっている高学歴者

現在、あまりにも大学、大学院、国家資格の種類と有資格者がおり、過剰になっています。

*「そんな人はどこにでもいる」というのが実情のようです。

高学歴でタクシーの運転手

北大だし、書類で落ちることはなかったけど、学歴だけで採用されるほど甘くなかった

年収はサラリーマン時代より150万円近く下がったけど、選り好みできる状況じゃないですから

学歴を有効活用できない例

一橋大学出身で年収100万円のポスドク、早大出身で年収190万円の社労士、京大出身で年収90万円の運送バイト

一度レールを外れるとバイトにすら就けない!高学歴ワーキングプアの抜け出せない苦しい現実

中途採用するのは、20代まで

確かにうちの会社で中途採用するのは20代までがほとんどで、30代皆無です。

学歴と生産性の問題

学歴が高いというのと、生産性が高い人材か、というのは、違うんじゃないかなぁ。

*生産性には、熱意なども関わりますね。

大学院を出ても非正規雇用や無職となってしまう「高学歴ワーキングプア」が社会問題

非常勤講師というのは、採用される際に業歴が必要で、大抵の場合は研究歴ですから、研究のための論文を書いたり本を読んだり学会で発表したりすることも必要

奨学金を返せない無職者

高学歴無職者の何割かは、ただの“収入がない”無職者ではありません。“抱えた借金(奨学金)を返せない”無職者

中高年に意味ない学位

特に文系の修士や博士となった40代前半から30代前半までが分厚い高学歴ワーキングプア層を形成している

中高年の求職者が学位を取っても、何の役にも立ちません。逆に、まともな職に就く機会が遠ざかるばかりです。

大学の非常勤講師は1科目を担当すると月4コマ(1コマ90分)の講義を行なう。報酬の相場は1科目3万円だから、Aさんは月収6万円。

1コマ当たり月2万5,000円が平均です。年間だと1コマ当たり30万円ということになります。だから年収300万円を稼ぎ出すとすると、10コマ程度は必要になる。

*10コマと言えば、1日あたり2ー3時間も授業を持つ必要があり、準備も含めると、そのほかの事が何もできない状況に陥ってしまいます。

1