1. まとめトップ

福島原発で甲状腺がん多発!100人以上の子供が原発の放射性物質の影響で甲状腺がんに!

福島原発で原発事故が起こったことによって、放射能汚染物質が東日本にばら撒かれて、子供たちの多くが現在になって甲状腺がんで苦しんでいます。放射能汚染における甲状腺がんは、将来的に国の訴訟問題に発展していくでしょう。

更新日: 2016年10月08日

0 お気に入り 16825 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆福島の甲状腺がんの子供が2016年で172人

原発の放射能で全国が汚染

チェルノブイリ原発と同規模で起こった福島原発の事故で、日本国土のほとんどが汚染地帯と化している事が分かります。

福島県で見つかっている子どもの甲状腺がんの多くは被ばくで発症したものだと主張する分析結果を岡山大の津田敏秀教授(環境疫学)らのチームがまとめ、国際環境疫学会の6日付の学会誌電子版に発表

原発で汚染された日本の国土

福島原発からの放射能汚染は、関東にも降り注ぎました。

これらの情報を総合的に見ると福島県内で放射線量の多い所に住んでいる乳児は何らかの対策を取らないと数年後に健康被害が起こる可能性が非常に高くなる

*2011年時点における情報

チェルノブイリより遥かに放射能汚染は深刻とされる福島原発事故、甲状腺の異常が発症するのは事故後4~5年がピークだという、被害が無い事を祈りたいが仮に被害が顕著になれば対策を放置した政府など吹き飛ぶ事態、再稼動・辺野古・国軍化は福島パニックが起こる前にという邪な考えで無ければ良いが

首都圏での飲料水が汚染されて、日常的に被ばくしている実態が明らかになっています。目に見えない形での健康被害が起こっています。

福島で子供の甲状腺がんが多発!

福島県において、甲状腺がんの患者が100人を超えてきています。

小児甲状腺がんの人で疑いが117人にもなっています。

2005年の国立がん研究センターの統計によると、甲状腺がんの粗罹患率(1年間に10万人あたり何人がかかるか)が、男性で3.4、女性で10.8と報告されています。

女性の場合は30~40代という比較的若い年齢の方が多い一方で、60代を超えた場合には男性の方に多い

福島原発で急増する癌患者

事故当時ほぼ18歳以下の38万5千人を調べて、これまでに87人のがんが確定しています。これは第一次検査段階である1年前の倍増以上

事故前は「100万人に1人程度」と報告されていた小児甲状腺ガンが、今回の調査結果では「約4100人に1人」です。その差は、実に250倍

多くの小児たちが苦痛と不安の中での検査になります。本来、やらなくても良いような検査なんです。

甲状腺がんも他のがんと同様、早期発見、早期治療が重要。

もっと、現実を直視しましょう。

何故、罪の無い子供たちがこんなにも苦しまなければいけないのでしょうか?日本国民が原発を推進したせいです。

1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故後はチェルノブイリ地方で小児、特に女児に多くの甲状腺がんが見られたことが報告されています。

中日新聞2015/02/12/04時412巡目で初のがん確定診断 福島の子ども甲状腺検査 チェルノブイリ原発事故では4~5年後に子どもの甲状腺がんが急増した

チェルノブイリ原発事故では、甲状腺がんが多発しました。

チェルノブイリ原発事故が起こって以降、甲状腺がんが急激に上昇している事が分かります。

1 2