1. まとめトップ

吉田戦車の傑作「県漫画」ぷりぷり県の魅力まとめ

あなたのまだ知らない世界??漫画家、吉田戦車さんの隠れた名作「ぷりぷり県」をご紹介します。

更新日: 2015年07月17日

3 お気に入り 24849 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bukurobakuさん

ギャグ漫画の大御所、吉田戦車。

ギャグ漫画家、吉田戦車の出世作であり代表作の四コマ漫画。
「不条理ギャグ」というジャンルを確立しました。
人間のリアルな温もりや日常を感じさせながらも
そこに待ち受けているのはどこかおかしい、時には
「全てがおかしい」世界。
日本語の発音や意味を上手くもじった笑いが多く、
感心しながらも笑ってしまう。
若い方には、独特の絵柄と二色刷りは新鮮に映るでしょう。

連載開始後は多くの亜流を生み漫画界のみならずお笑い界や芸能界、CM業界などにおいても同様のテイストを持った表現を広めることとなった。このことから「ギャグ」に対するパラダイムを変化させたと考えられている。

作中のギャグ「下の人などいない!」は「中の人」というインターネットスラングの元ネタ。

影響はネット世界にも。

みんな『伝染るんです』に、影響受けてるんだなぁ。

吉田戦車さんの「伝染るんです。」第一巻のわざと落丁したような装丁から二巻で几帳面なまでにきっちりした装丁。極端から極端へw #DOMMUNE dommune.com

『伝染るんです。』の巨大りんご農家の坊ちゃん(商品を盗み食いしている)に向かってそこで働くロボがこぼす『わたしはこんなにリンゴを愛しているのにその味を知ることは一生ないのです!』て嘆きを思い出すのであった

伝染るんです読みたい。でもマチ子しかない。しいたけ…斉藤…。あと、包帯巻いた傷痍軍人みたいな冷めた少年に会いたい。

ぷりぷり県とは?

そんな吉田戦車の隠れた名作。
「ぷりぷり県」出身という「つとむ君」の
愛県精神を描く日本初の「県まんが」である。
架空の県「ぷりぷり県」のユニークな習慣や名物を
紹介していく光景は、パワー全開の出落ちで疾走していく様だが、読んでいると不思議と自然で愛着が沸いてきます。

著者の最高傑作との声も多い

地方出身者のコンプレックスを芸術的なレベルまでギャグ化したその手腕ぶりに、吉田戦車さんの天才的な才能を感じました。

ぜひ、一読を!
そして、叫びましょう。
私は県を愛していると。

ぷりぷり県だけでなく、全国都道府県の特徴も(作者の偏見に満ちていますが)
紹介されますから、自分の出身県が登場する回はとてもうれしくなっちゃいます。

人々のココロに残り続けるぷりぷり愛

吉田戦車さんの『ぷりぷり県』には、「シンデレラの墓」というのがあったなあ、と静御前伝説を見て、思い出しました。

ぷりぷり県というマンガの主人公の勤める会社の社長はすごいダメな感じで子どもがしっかりしているのだけど「スジコのやつめ」っていうシーンがあって、サウナの方の美人お嬢様がスジコが好きらしいのをリツイート等で知り、それを思い出しました

ちなみにぷりぷり県とはこんな県

丸岩谷(アベックバレー)
交通の便が悪く風景もつまらないが、休日になると数十組のアベックが訪れる謎の名所。

気球便
ゆっくりと荷物を気球で運ぶ運輸サービス。生ものを輸送する場合、もちろん腐る。

主要産業の一つ。

県ずきん
ぷりぷり県民を最も特徴付けている物。昭和初期にぷりぷり県の少年が「アメリカ人はみんな頭巾をかぶっている」という勘違いを広めたことから、県全域に頭巾を付ける風習が広がった。

ぷりぷり県といえばこのずきん。かぶらないと県民は
調子が悪くなるそうです。

1 2