1. まとめトップ

驚愕…!アルミホイルで排水口のヌメリを防ぐ簡単裏ワザ

放っておくとすぐにぬるぬるしてきて、触るのも嫌になるキッチンの排水口。しかし、アルミホイルを使うことでヌメリを防ぐことができてしまうんです。

更新日: 2015年03月30日

10 お気に入り 98502 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-Meru-さん

▽排水口のヌメリの原因

小まめに掃除しているつもりでも、ちょっとサボるとすぐにぬるぬるしてくる排水口。気づくと嫌な匂いもしてきて、特に気温の高い夏場は小バエの発生にも繋がる困りもの。

野菜のくずや料理の残りカスをエサにして繁殖する細菌やバクテリアやカビなどの微生物とその排泄物がかたまったもの

▽まずは”ヌメリ”をキレイに掃除しよう

・アルミホイル
・割り箸
・輪ゴム
(すべて使い古しのもので大丈夫です)

割り箸にアルミホイルを巻きつけ、根元を輪ゴムやセロハンテープで留めます。アルミホイルは手でぎゅっと握って押さえつけて、抜けないようにしましょう。
その割り箸アルミで気になる部分をこすると、手を汚さずに掃除できます。

▽浸け置きも有効

ぬるま湯にキッチンハイターを30ccほど溶かして、トラップや三角コーナーなどを浸け置きにします

寝る前に浸け置きして、朝起きた時にお掃除ブラシなどで軽くこすると、汚れが浮いているので掃除も簡単。

▽裏ワザ!掃除の後の”ヌメリ”予防

アルミホイルを丸めてピンポン玉ぐらいの大きさにしたものを3つか4つ、排水口のトラップ(カゴ)の中に入れておくだけ

おにぎりの包みなど、料理に使い終わったようなものでもOKです。古いストッキングなどで包んでカゴの中にぶら下げておくのも有り

(排水パイプに入らないように注意してください)

排水パイプに入ると詰まってしまうので、あくまでもカゴの中か、排水パイプの蓋の上に入れておくのがポイントです

▽どうしてアルミホイルで予防できるのか

ぬめりの原因となる細菌はアルミホイルの出す金属イオンを嫌うので、ぬめりが発生しにくくなります

アルミと同じように金属イオンを発生させる10円玉を5、6枚入れておいても、同じ効果を発揮します

▽実際にやってみた人の声

排水口に丸めたアルミホイルを入れとくとぬめりが発生しないって聞いて、やってみたら本当に全然ぬめりが付かなくなって吃驚してます…アルミホイルから出る金属イオンの力で、細菌の発生を抑えるからだそうです(´ºωº`)不思議だわ~ pic.twitter.com/GVxDTuFJQH

排水口とシンク掃除してたんだけど、アルミホイル効果がほんとすごい、くしゃっとしていれとくだけでほんとに汚れない、、、すごい、、、

何で見たか忘れたけど、アルミホイル適当に丸めて何個か排水口に放り投げるだけの裏ワザ。 ホントに汚れるスピードが格段に遅くなった。ヌメリが付いてない!凄い! instagram.com/p/z8igH6NXxJ/

▽効果は1ヶ月ほど

表面に汚れが付着してくると効果が無くなってしまうため、その際はすぐに交換した方が良いそうです

1