1. まとめトップ

突然の体重増加、ホルモンバランスが原因かも?原因と対策

特に食べていないのに突然の体重増加・・・。「中年太り」の影に実は更年期障害や甲状腺の異常が原因なことも。それぞれの原因がわかれば、改善方法がわかります。特に更年期障害だと思っていて甲状腺の異常である場合、逆効果な健康法やダイエットをしていることも!

更新日: 2015年03月30日

22 お気に入り 219196 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

noukaさん

35~40歳あたりから太ったという人が7割、「年齢とともに、自然と増えた」

「35歳前後から」と「40歳前後から」で、実に7割以上チ たしかに、多くの人が中年と呼ばれる年代に入ってから太りはじめたと自覚しています。具体的な太った数字はというと、下のグラフを見ると6~10kgがいちばん多く、なかには10kg以上太ったという人も。

「出産時の体重から、もとに戻らなかった」「よけいに食べた」「間食が増えた」をおさえて、ベストワンは「年齢とともに、自然と増えた」でした。

一番の原因は筋肉量の減少にともなう基礎代謝の低下

まず一番の原因は筋肉量の低下です。筋肉量が低下すると基礎代謝が下がるものですが、この基礎代謝量は10代後半をピークに低下していき、40代を境に50代、60代でガクンと落ちるそう。

筋肉の量が低下してしまうとカラダの基礎代謝が下がってしまうので、若いころと同じだけの食事の量を取っていたとしても、一日における消費カロリーが少なくなってしまうため、カラダに脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

お腹まわりに脂肪がつきはじめたら、ホルモンバランスが変わってきたのかも

基礎代謝が落ちただけなら、運動や食事といった従来のダイエットでも痩せるはず・・・が、「何をやっても痩せない!」という時は更年期や、甲状腺の異常などによるホルモンバランスの変化が原因かも

女性は更年期を迎えるころになると、女性ホルモンの分泌量が低下して、脂肪がつく場所が変わってしまいます。

若いときであればヒップを中心とした下半身に脂肪がつきやすいのですが、女性ホルモンの分泌量が低下することによって脂肪がお腹を中心につきやすくなってしまいます。

一生の間に分泌される女性ホルモンは、ティースプーン1杯ほど。そのわずかな量で、女性のカラダに大きな影響を及ぼすのが女性ホルモンです。

更年期以前の女性のカラダは、女性ホルモンに守られているため、重大な病気になることが多くはないといわれます。ただし、それには、卵巣が健康で、2つの女性ホルモン、エストロゲンと黄体ホルモンが正しいリズムで分泌されていることが重要。

更年期、プレ更年期の特徴

一般的には閉経する50代の前後10年程度に起こる更年期。でも、ストレスにより20代、30代でプレ更年期障害になることも。

全身的な症状

ほてり(顔がほてる)、のぼせ(顔がのぼせる)、動悸、脈が早まる、多汗(大量の汗)、めまい、だるい、肥満(太る)、やせ、むくみ(むくむ)、冷え

運動器官系の症状

肩こり、腰痛、手足のしびれ

精神的症状

イライラ、不安、うつ、神経質、睡眠障害(眠い)、意欲低下

生殖器系の症状

月経異常、不正出血

消化器系の症状

吐き気、嘔吐、食欲不振

更年期障害と見分けがつきにくい甲状腺(ホルモン)の異常

新陳代謝に関わるホルモンで、分泌が多すぎても少なすぎても体調に影響します。

過剰になりすぎた場合の代表的な病気としてはバセドウ病があり、低下し過ぎた場合は橋本病と診断されることも。

それほど食べていないのに、急に太ってきたら要注意です。それは女性に多い甲状腺の病気「橋本病」かもしれません。

日本だけでも、甲状腺の機能異常を患っている方は500万人以上にものぼると言われています。

甲状腺の異常は、40~50代の女性に良くみられ、その症状も更年期の症状と良く 似ています。更年期症状・更年期障害と思っていたら甲状腺が悪いということもあります。

甲状腺の働きが「鈍くなる」と、新陳代謝が低下し、身体活動が衰えるのです。たとえていえば「眠っている状態」なのです。うつ傾向、寒がり、など活動力が落ちている状態です。

甲状腺の働きが「高まる」と、まるで「マラソンをしている状態」といえます。汗をかき、動悸がして、いらいらしています。

更年期障害と甲状腺の異常では、診断や改善法が異なる

更年期障害の場合は、婦人科、甲状腺異常の場合は内科や、甲状腺専門の病院で診断してもらうことになります。

次に婦人科検診を行い、内診で腟の様子(潤い)、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫の有無を調べ、細胞診などで子宮がん(頸がん、体がん)のチェックをします。

甲状腺機能低下症の検査は血液検査によって正確に判明します。

医師の指示に従い、薬(レボチロキシン、チラーヂンSなど)を飲めば、 甲状腺ホルモンの分泌が正常に行われるようになり、ほとんどの症状が出なくなります。

1 2