1. まとめトップ

美を作るのは"塩"だった!塩浴でツルツルの美肌を作る!

塩の力ってすごいって知ってましたか?赤ちゃんみたいなツルツル素肌も、デトックス効果も、ダイエットも!塩浴にはとにかくいいこといっぱい♪塩浴の効果とその方法をご紹介します。New Lifeは塩がある生活始めましょう。

更新日: 2015年03月30日

10 お気に入り 3250 view
お気に入り追加

“塩浴”とは…?

塩浴とは、塩水をカラダに塗って
毒素を出すというもの。

塩にはたくさんの美容効果があるんです。

「塩浴」とは、高濃度の塩水を全身に塗って、皮脂腺から余分な皮脂を「浸透圧」で分離、その際に内部の汚れも一緒に排出するというものです。

▼塩浴で得られる効果とは?

・デトックス効果

塩浴は、体内の溜まった老廃物を解消してくれる効果が!

塩でマッサージするとより効果的に◎

塩浴は身体に塩を塗ってお風呂に入ることで体内の余分な老廃物を出してむくみを解消する入浴法です。塩をつけた後に気になる部分を念入りにマッサージするとさらにデトックス効果がアップしますよ。

・発汗作用効果

塩浴は、発汗作用も抜群!

効果的にダイエットしたい人には
とってもおすすめです。

発汗効果抜群。塗っているうちに汗と脂がどんどん出て来ます。なでているうちにヌルヌルしだします。垢も毛穴の汚れも落とします。垢の出来が極端に少なくなります。外からは収納、内からは自然塩を食べ水を飲み汗をかいて体の外・内両方から休内の毒を出しします。

・美肌効果

塩浴の一番のメリットは美肌効果!

そろそろ肌の露出が増えてくるころ。
塩浴で美肌を作って自信をつけましょ♪

ツルツル美肌になりたいなら
塩浴をするべし!

赤ちゃんのようなつるつるの肌になる1番良い方法は、実は汗をかくことで、私達はただ、汚れと皮脂を排出してくれる汗をお湯で流すだけで十分なのです。でも最近では空調が完備されている為、汗を沢山かく機会がありません。そこで、私は塩(塩水)を塗ることで皮脂を出すことをお勧めしています。塩は不必要な汚れは全て落してくれますが、肌に必要な皮脂はちゃんと残してくれます。

・毛穴汚れ・ニキビにも効果的

毛穴の汚れもニキビの悩みも
塩浴で解決できるんです!

悩める女子の味方ですね♪
老廃物を浮かして落とすから、
顔を塩で洗うことで美肌に。

洗顔フォームも必要ないんだとか。

塩には洗浄力が全く無く、あくまで触媒として機能します。余分な皮脂を浮かせて出す際に、毛穴につまった汚れを一緒に排出します。髪の毛も塩で洗うのですが、頭皮に皮脂が多い人は、塩浴を行って数時間後に髪がべたべたになったり、体も皮脂や体に溜まった老廃物の臭いが出てきたりと大変なようです。これは皮脂が一気に出てきた状態なので、しばらく続けていると減っていきます。

どーにもこーにも頑固で治りにくい背中ニキビが翌日から枯れ始めました。顔にあるのも♪

・冷え性や肩こりにも効果的

塩浴は冷え性や肩こりにも効果的!

普通のお湯に浸かって汗をかいたとき
より、血流が良くなるんだって。

塩の入った温泉は「熱の湯」といわれます。ポカポカ暖まる、湯冷めしない、抹消血管の血流が良くなる、などの効用があります。冷え性、肩こり、腰痛などには効果があります。末端血流の改善効果から、抜け毛が減る、痔に効果があるなどもいわれますが、試してみる価値はあります。

・さらふわ髪も塩浴で

これは塩シャンと呼ばれるモノで実現します。

塩で地肌を洗うことで、
皮脂がキレイになりさらふわ髪も叶うんです!

いいことだらけ♪

・頭皮が柔らくなる
・毛根の汚れが取れ髪がフサフサになる
・いっぽんいっぽんの髪が太くなって丈夫になる
・体内の毒素が排出される

▼塩浴のやり方

・塩水を作る

まず、洗面器などにお湯と塩を入れて
塩水を作ります。

塩は高価なモノじゃなくて構いません。

こぶしが入る位の容器に自然塩をどっさり入れた後、水も多めに入れ、底には溶け切れなかった塩が残る、濃い塩水を作ります。

塩浴の方法はとっても簡単♪

【半身浴→マッサージ→放置→半身浴→冷水】

これだけ!

★塩浴の方法★

1.半身浴をして体を温める。
2.海水を頭から首、肩の順番で全身に塗る。濃度は、これ以上塩が水に溶けない飽和状態(約30%)のもの。使用する塩はスーパーに売っている粗塩。(700gで300円くらいのもので十分。)

3.理想としては10分ほど放置。私は10分も待てないので、3分ほど歯磨きをして時間をつぶし、その後、粒々の塩を手に取って、スクラブするように体を優しく擦っています。塩浴は塩の浸透圧を利用するものなので、粒々の状態ですと意味がないのですが、皮膚に刺激を与えて血行やリンパの流れをよくしたり、角質を落とすのには良い方法かと思います。

4.塩を流さず、再び20分ほど半身浴。いわゆるバスソルトとして、そのまま利用します。

5.最後に冷水のシャワーを浴びて、スッキリ完了です!!

▼塩シャンのやり方

1 2





ポケットヤブケテルさん

このまとめに参加する