1. まとめトップ

初心者でもわかりやすい!タロットカード小アルカナ意味解釈 ペンタクル(コイン、金貨)編

様々な角度から解釈できるところがタロットの大きな魅力。その分カードの意味を考えすぎてしまうと、リーディングが行き詰りがち。ここでは小アルカナ56枚のキーワードをあえて簡単にまとめてみました♪1枚引きや、コンビネーションリーディングの解釈のヒントとしてお役立て下さい☆

更新日: 2015年06月28日

6 お気に入り 7593 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

小アルカナは、4つのスート(マーク)に分かれている。

スート (英語: suit) とは、トランプ、あるいはタロットの小アルカナに書かれているマークの事。

小アルカナは、4つのスートにエレメント(四大元素)が対応している。

エレメントとは?

四大元素(しだいげんそ、よんだいげんそ ギリシア語: Τέσσερα στοιχεία)説は、この世界の物質は、火・空気(もしくは風)・水・土の4つの元素から構成されるとする思想である。

エレメントの火、水、風、地の性質を想像してみると・・・あら不思議!

小アルカナの解釈が、とてもしやすくなるのです。
ワンド(こん棒)・・・火→火のように、燃える情熱。
カップ(聖杯)・・・水→水のように、流動的な感情。
ソード(剣)・・・風、空気→風のように、素早い思考力。
ペンタクル(金貨)・・・地、土→大地のように、安定感のある現実。

エレメントを基にしてスートの意味を解釈するとこんな感じになります↓

ワンド(こん棒)…瞬間的なこと。形にこそならないが、大きな可能性がある。
カップ(聖杯)…心理的なこと。流動的ではあるが、嬉しい感情を味わう。
ソード(剣)…思考的なこと。考えすぎなければ、順調に進む。
ペンタクル(金貨)…物質的なこと。計画が必要だが、実現はほぼ確実である。

ペンタクル(コイン、金貨)の意味解釈 エースから10まで

エースはスートの特徴を凝縮したカード。ペンタクルのスートは、人生の基盤となる現実生活においては、目に見える活動を表します。例えば、仕事のことや家族のこと、物質的なことはペンタクルのスートに含まれます。ペンタクルのエースを引いたときは、エースの持つ"スタート、はじまり"という要素と、ペンタクルの"現実的な出来事"という要素を組み合わせて、"新たな出来事が起きる"ことが予感されます。それは、とてもわかりやすい形で目の前に現れるでしょう。そのほか、これまでとは違った新しい企画やプランを立てる必要があることも同時に表しています。

ペンタクルのスートは"目の前にあるもの"そして、2の数字は"可能性、二面性"を表します。ペンタクルの2のカードは"目の前にあること"に取り組む中で、"可能性"が引き出される、ということを表しています。このカードを引いたときは、状況が定まらず、あっちへ行ったりこっちへ行ったりと忙しいはず。安定感を求めても、なかなかうまく行かないないはず。なぜならペンタクルの2のカードは、可能性を表すカードなので、自分自身の持つ新たな可能性を引き出すには、気が進まないこともやってみる必要があるということです。両立、マルチタスクをこなす中で、素晴らしい一面が引き出されるはずです。

ペンタクルのスートは"目の前にあるもの"そして、3の数字は"結果"を表します。小アルカナでは、10の数字が最終的な結果になるので、ペンタクルの3では、"一時的な結果、成果"となります。一度結果が出ることで先が見えて来るので今後の計画を立てたり、見通しがつきます。このカードを引いたときは、ここまでの努力の結果が出ます。あくまでも結果なので、成功か不成功ということに囚われることなく、どんな結果が出ても正直に受け止めましょう。視野が広がるときです。

ペンタクルのキーワードは"目の前にあること、事実"そして、4の数字は"固定、安定"を表します。そのことから、ペンタクルの4のカードは、"目の前にあること"+"固定"="安定志向"となります。ウェイト版カードの挿絵を見ると、男性が金貨を抱きかかえ、両足でも踏みしめて固定しています。このカードを引いたときは、状況は安定しています。しかし、4の数字は"一時的に停止する"という意味を持つので、ここでいう安定は次の段階へ進むための一時的な安定です。物事は変化していくのが自然だということを心に留めておく必要があります。目に見えるものに囚われることなく、本当に価値あるものに目を向ける必要があるでしょう。

ペンタクルのスートは"目の前にあるもの"そして、5の数字は"手放す"よってペンタクル5のカードは、"目の前にあるもの"を"手放す"と読むことが出来ます。
このカードを引いたときは、何かを手放す必要があります。人は、様々なことを当たり前にしがちです。過去の栄光や、これまでの結果や、人からの評価を手放したとき、本当に価値あるものに気付くことができます。ペンタクルの5のカードは、目に見えるものによらない、その人自身が持つ価値に気付くチャンスをつかんだことを教えています。

ペンタクルのスートは"目の前にあるもの"そして、6の数字は"交流、需要と供給"です。ペンタクル6のカードは、"目の前にあるもの"との"交流"と読むことが出来ます。このカードを引いたとき、あなたは助けを求めているはずです。
藁にも縋る思いのとき、助けはどこからもたらされるでしょう。まったく思い当たらないところから手が差し伸べられるわけではありません。いつも近くにある存在、今もうすでにここにあるものが、どんなときもあなたを助けてくれるのです。ただ、助けは必要としなければやってきません。なんでも自力でやろうとせず、周りの人に助けを求めましょう。

ペンタクルは"目の前にあるもの"、7の数字は"イメージする、選択肢を並べる"を表します。ペンタクルの7を引いたときは、"目の前にある事実と直面し、改善策を練る"必要があります。一つに絞るということは、このカードの持つ要素ではないので、"迷い、考える"ということが大切です。よく考えて、複数の道を想定することが必要です。そういった意味では、分岐点でもあるので出したい結果を出すために与えられた"見直しのチャンス"と言えるでしょう。

ペンタクルのスートは、"目の前にあるもの"そして、8の数字は"成長と変化"を表します。ペンタクル8のカードは、"目の前にあること"に取り組むことが"成長と変化"に繋がる、と読むことが出来ます。このカードが出た時は、ただ黙々と目の前のことに取り組む姿勢、積み重ねる努力が必要です。この段階では、先の事は想像がつきません。けれど、積み重ねはあなたの財産となり、いざというときにチャンスを引き寄せます。引き出しの中身を作っている最中だと思いながら、今すべきことに最善を尽くしましょう。

ペンタクルのスートは"目の前にあるもの"そして9の数字は"主義"を表します。
ペンタクル9のカードは、思い込みが自己肯定感として表現されたカード。"私は○○である"ということに誇りを持っている、疑いのない状態を表しています。このカードを引いたときは、自分自身の価値を認めることが必要です。今目の前にある現実は、その人の自分自身に対する自己評価の表れです。もしも今ある状況に不満を感じているのであれば、自分自身の生き方に誇りを持っているか、改めて見つめ直す必要があります。

ペンタクルのスートは"目の前にあるもの"そして、10の数字は"完成"を表します。ペンタクルは現実面を表すので、10の数字の"完成"という要素と組み合わせると"夢の実現""理想を叶える"と読むことが出来ます。小アルカナではAから10の数字までを1つのサイクルとして読み、ワンドからペンタクルのスートを4つの段階とします。なので、ペンタクル10のカードは、小アルカナの数札の中でも最終のカードとなります。このカードを引いたときには、積み重ねてきた努力が報われるでしょう。今のところの最終結果が出たということです。進学や結婚、出産、子育てなど、次の人生のステージに進むことが表されているカードでもあります。

ペンタクル(コイン、金貨)コートカード(ペイジ、ナイト、クイーン、キング)の意味解釈

ペンタクルのスートは"目の前にあるもの"そして、ペイジは"無知"を表します。ペイジは若者を表すので、柔軟性を持っていて、何でも吸収します。ペンタクルのペイジは、目の前のことに集中している状態。このカードを引いたときは、目の前の事に夢中になっていたり、集中している状態のはずです。1つのことに集中することで、少し盲目にはなりますが、それがきっかけで目標を持つことが出来ます。夢中になっているという自覚を持ちつつ、目の前の事に取り組むといいでしょう。

ペンタクルのスートは"目の前にあるもの"そして、ナイトは馬に乗っていることから"前進"を連想させます。ペンタクルのないとは、目の前にあるものを前進させる=目標達成のための前進、と読むことが出来ます。このカードを引いたときは、目標を正確にとらえることで大きな前進を果たすことが出来ます。計画の進行を表すカードでもあるので、計画がスムーズに進むはずです。

ペンタクルのスートは"目の前にあるもの"そして、クイーンは"内に秘めた情熱、大きな力"を表します。
内に秘めた情熱が反映され、目の前で形になる。それがペンタクルのクイーンの表すところです。このカードを引いたときは、"あなたなら大丈夫よ"というメッセージをもらったと思ってください。人生を動かす大きな力が、あなたの内面に備わっていることを知らせるカードです。状況を無理に動かそうとするよりも、信念に堂々と従いましょう。

ペンタクルのスートは"目の前にあるもの"そして、キングは"威厳、ポジション、器"を表します。ペンタクルのキングには、目の前にある事実そのままを見る器が備わっています。そのため、現実主義的です。物事を進めていく上では前進力があります。このカードを引いたときは、計画の成功や、実現が期待できます。必要なサポートも受けられるでしょう。

1