1. まとめトップ

【片頭痛】寝起きの頭痛がつらい。。原因と対処方法

起きたら頭が痛い。。そのような状況が続く時はどのようなことが原因になるのでしょうか。また症状を緩和させるためにはどのようなことをすればよいでしょうか。

更新日: 2015年04月01日

1 お気に入り 1908 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jobrankさん

寝起きの頭痛の考えられる3つの原因

寝起きに頭痛がするという場合、その原因はいくつか考えられます。

1 偏頭痛
偏頭痛は脳の血管が拡張し、炎症を起こすことが原因で、
炎症によって三叉神経と呼ばれる感覚神経が刺激されることで痛みを覚えます。
偏頭痛は特に女性に多く、男性の何倍もの割合で発症するとされています。
偏頭痛が寝起きの原因の場合、脳の血管が拡張してしまっているわけですが、
これはどういったことが原因になっているのでしょう。

緊張型頭痛は、首や肩のコリが主な原因です。首や肩のコリは、日頃のストレスやあなたに合わない寝具を使用していること、同じ姿勢で作業をしているなどの理由により悪化していきます。

首や肩のコリが起こることで、睡眠中に脳へ循環する血液量が減少します。その際、脳がセロトニンというホルモンを分泌します。このセロトニンには脳を拡張させる作用があるため、寝起きに頭痛が起きてしまうのです。

◆群発頭痛
群発頭痛は過度な精神的ストレスや悪い姿勢の身体的ストレスが主な原因です。片側の目やこめかみあたりがえぐられるような痛みが特徴です。耐えきれない程の強い痛みで夜中や寝起きの時に発症します。

痛みは15分~3時間程続き、期間は2週間~2ヶ月程続きます。頭痛以外にも目の充血、鼻詰まり、発汗などの症状がみられます。デスクワークをしている若い男性が発症している割合が多いようです。

片頭痛の対処法

偏頭痛の症状を治す栄養成分と食べ物はいくつかあるのですが、その中の一つとして「マグネシウム」があります。

日頃の食生活の中で比較的簡単に摂取できるマグネシウムを摂取することで、辛い偏頭痛の症状を治すことができるのです。

偏頭痛の症状を緩和させる栄養成分はいくつかありますが、その一つとして「ビタミンB2」を多く摂取すると効果を実感できると思います。

私はビタミンB2が多く含まれている食品を日頃から取入れるようにしていますが、偏頭痛の症状が出る回数が減ってきました。

緊張型頭痛の対処法

ときどき緊張型頭痛が起こる「反復性緊張型頭痛」は、肩や首の筋肉をおさえると痛みを感じるような場合に鎮痛薬によって痛みが軽減することもありますが、通常は、とくに治療を必要としません。頭痛が起こったときには、適度に体を動かして筋肉をほぐしたり、マッサージや入浴によって血行を促すようにしましょう。頭痛体操も効果的です。

一方、痛みが毎日のように続く「慢性緊張型頭痛」は、鎮痛薬を使用してもあまり効果はありません。にもかかわらず、痛いからといって気休めで毎日のように鎮痛薬を飲むことにより薬物乱用頭痛を起こすことがあるので、注意が必要です。慢性緊張型頭痛には、精神的ストレスが誘因となっている場合には抗うつ薬や抗不安薬が用いられ、著しく首や肩の筋肉がこっている場合は、筋弛緩薬(筋肉の収縮を弱める)などを用います。
ただし、あくまで薬は一時的に使用するものと考えてください。薬だけでは根本的な解決には至りません。日頃から筋肉が過度に緊張しないように、自分に合ったリラックス方法を見つけ習慣化することが大切です。

群発頭痛の対処法

群発頭痛が起きてしまったら、早い段階で酸素を吸入するのが効果的。酸素を多く吸うと、頭部の動脈が収縮して痛みが和らぐ。
純度100%の酸素を毎分7リットル、約10~15分吸入すること。いつどこで頭痛が起こるか分からない人は、携帯用の酸素缶も市販されているので常備したいが、1本には約5分間分の酸素しか入っていないので、1本では不十分だ。

1