出典 moepapaさんがアップロード

旬のものであれば生で流通することもあるが、主に葉の部分を塩漬けしたり乾燥させたりして保存性を高めて商品化される。使うときは水に漬け、塩抜きあるいは戻して用いる。メカブは湯通ししてからそのまま食べるか、乾燥させてから細かく切って流通されることが多い。市販のワカメは緑色であるが、生きた状態では褐色であり、湯通しすることで緑色となる。

この情報が含まれているまとめはこちら

ダイエットにも健康にもよいわかめの実力☆

日本人の食性でも定番の食材として古くから扱われているワカメ。身近過ぎてなかなか知られていない驚異のダイエット効果等もあります。

このまとめを見る