めかぶ by アマナイメージズ

メカブ(和布蕪)は、ワカメの付着器の上にある、葉状部の中で厚く折り重なってひだ状になった部分である。生殖細胞が集まった部位で、成実葉や胞子葉に相当する。ワカメは海藻なので根はないが、通俗的には「ワカメの根元部分」とも表現される。

日本では食用にされる。

この情報が含まれているまとめはこちら

ヌルヌルシャキシャキ食感のめかぶのおいしい食べ方☆

日本では古くから食べられているわかめの胞子部であるめかぶ。本体はシャッキリ、でも刻むと粘り気も出て食感の楽しめる食材です。

このまとめを見る