1. まとめトップ

通の楽しみ方☆天ぷらを塩でおいしく食べる!!

日本の伝統食とも言える天ぷら。多くのお店や家庭の食べ方では天つゆをつけますが、素材のおいしさや職人の腕前を感じられるような衣を味わいたい場合、塩でいただくという食べ方もあります。

更新日: 2016年05月20日

moepapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 19042 view
お気に入り追加

天ぷらとは

説明するまでもないのですが、ちょっと定義から

天ぷら・天麩羅・天婦羅(てんぷら)は、魚介類や野菜等の食材を、鶏卵と溶き汁を小麦粉にあわせたものを衣とし、油で揚げて調理する、代表的な日本料理である。
「江戸の三味」の一つであり、江戸料理、江戸(東京)の郷土料理となっているが、この調理法は各地に広がっている。

単品として食べる場合は天つゆと共に食するのが一般的とされる。
天つゆは出汁と味醂と醤油と砂糖が基本となるつけ汁で、大根おろし、紅葉おろし、おろし生姜、柚子、山椒等が薬味として用いられる。これは近代に入ってからの食べ方であり、天ぷらが発明された江戸時代には醤油をかけて食べていて、現在でも家庭料理としては醤油をつけて食べる場合もある。

他、天ぷらそばのように、麺つゆの中に入れたりする場合なども

通好みの塩味で

元々、天つゆをつけて食べるのが一般的になっていますが、近年では、素材の味を活かし、衣の食感も楽しめるので、天つゆでなく、塩をつけて食べる食べ方も、天ぷら好きの方の中では流行っています。

それも、ただの塩で食べるだけでなく、風味を変えるのに、例えば抹茶を混ぜて和の香りただよう抹茶塩にしたり。
事前に風味をつけた香味塩は人気です。

オシャレな天ぷら屋さんですと、このように、つけ塩が色々選べるように多種類出してくれたりします。

はてはオリエンタルな香りのする、カレー塩をつけて食べたりします。

最近では、天ぷら屋さんでも、色々な風味を楽しむために、種々の味の塩を用意している場合などもあります。

様々な風味の塩を使うと、ただ天つゆ一種類で食べるよりも、味の合わせ方で、天ぷらの楽しみが広がります。

ダシで味がついたり、食欲をそそるような香りの入ったおいしい塩が、最近では通販やお店でよく見かけます。

参考動画

1





パソコン大好きシステムエンジニア。普段はパソコンを自作したり、ウェブサイト・ブログ作成をしつつ、トランポリン、ホットヨガ、体操、ジョギング等の運動をしている日々。