1. まとめトップ

統一地方選挙直前!ブログが凄い候補者・議員5選!

春の統一地方選挙直前。立候補者都道府県議会議員のホームページ・フェイスブックページ・ブログをチェックし、見やすく、格好いいネット戦略を取っている候補者をまとめました。今回はまず、ブログ編です。

更新日: 2015年04月02日

4 お気に入り 7768 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kkbbangさん

Q. そもそも統一地方選とは何でしょうか?

地方自治体の首長(知事や市長)と議会(県議会や市議会)の選挙を全国で一斉に行います。自治体の首長と議員の任期は4年なので、各地で4年に一度選挙があることになりますが、これらを統一して実施することにより、有権者の関心を高めることや、選挙経費を節減することをねらっています。本年3月から5月の間に任期が切れる首長や議員の選挙をまとめて、4月12日(知事選、政令指定市長など)と26日(市区町村議など)に投票が行われます。

投票率は年々低下しています

2011年に行われた前回の統一地方選では、道府県議選の投票率が平均で50%を割りました。知事選の投票率も平均で53%弱でした。統一地方選が始まった当初(1940年代後半~50年代)はいずれも80%前後ありましたが、年々下落しています。

そんな中、若年層への訴える上で最低限の基本ツールである「ネット」をしっかり活用している候補者・議員を紹介します。

評価項目は次の4点。
①見やすさ
→読みたくなるか・レイアウトが整っているか

②カッコ良さ
→ワクワクするか・デザインがいいか

③更新頻度
→最終更新は当日か
→「今日」何をしているか、わかるか

④写真・動画のクオリティ
→バナー画像等にかける情熱・こだわりがあるか

東京都議会議員 音喜多駿(おときたしゅん)

言わずと知れたブロガー議員の代表格です。
誰にでも見やすいレイアウト・デザインで、政治の内容を一生懸命噛み砕いて分かりやすく伝えようとしているのが分かります。

大阪府議会議員候補 神谷宗幣(かみやそうへい)

龍馬プロジェクト代表の神谷さん。活動報告ブログは当たり前のように毎日更新で、いつどこでなにをしているかを有権者が確認できる安心感があります。

アメブロでは動画コンテンツと活動報告の更新情報を日々発信。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、文化をテーマに毎日番組を配信していることもあって、Youtubeでの映像更新も頻繁です。

浜松市議会議員候補 山本遼太郎(やまもとりょうたろう)

今回の新人候補の中で、ブログの面白さはずば抜けています。HPもしっかり作りこまれており、WEB上での選挙戦略に対する熱量が伺えます。

岡山市議会議員 森山幸治(もりやまこうじ)

ブログとして評価していいのか迷ったのですが、MORIYAMA EXPRESSコンテンツの完成度が素晴らしいです。デザインも格好いいし、読みたくなります。WEB上で読みやすくなれば最高ですね。

行橋市議会議員 小坪しんや(こつぼしんや)

1 2