1. まとめトップ

あなたも知らないうちに!?上重アナの報道で話題の「利益供与」とは?

スッキリ!!の新司会者として注目されている日本テレビの上重聡アナウンサーに1.7億円という巨額の「利益供与」報道が出ました。利益供与とはどういうものか、そして何故問題になっているのかをまとめました。

更新日: 2015年04月02日

1 お気に入り 58261 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

choco9さん

日本テレビの上重聡アナウンサーに利益供与報道

日本テレビの情報番組「スッキリ!!」の新司会に抜擢された上重聡アナウンサー(34)が、昨年、自宅マンションを購入した際、有力スポンサーから多額の融資を無利息で受けていたことが、「週刊文春」の取材により明らかとなった。報道機関である民放の社員がスポンサーから金品などの便宜を図ってもらうこと自体、重大なコンプライアンス違反であり、上重アナの行為は日テレの社員就業規則の懲戒事由に該当する可能性がある。

日本テレビの上重聡アナウンサー(34)が、司会を務める情報番組「スッキリ!!」のスポンサー企業である靴の小売りチェーン「ABCマート」の元会長から多額の利益供与を受けていると、2日発売の週刊文春が報じている。

一般的な意味での『利益供与』とは

会社が特定の株主に対して利益を提供すること。特に金銭を送ること。会社法により処罰の対象となる。

特定の株主に対して金銭を供与する行為。会社法で禁止されている。例えば株主総会で、経営責任を追及する株主に金銭を渡して解決をはかるといった行為などが利益供与行為にあたる。

一般的に、『株式会社』対『株主』の間で使われる言葉のようです。

もっと広い意味でも使われます

『株式会社』は、株主総会における議決権行使等の権利行使に関して、『何人』に対しても、財産上の利益供与をすることが禁止されます。

利益を供与する側のとらえ方は『株式会社』だけではない

規制を受ける、供与する側の主体は『株式会社』ですが、

 ・(代表)取締役

 ・(代表)執行役(委員会設置会社の場合)

 ・監査役

 ・使用人

などの会社関係者個人や『子会社』が行う場合も、『株式会社』が行う利益供与となります。

利益受け取る側も『株主』だけではない

また、利益供与の相手方には限定はなく、『総会屋ではない者』『法人』等も対象となり、株主であるか否かも問われません。

新会社法用語集
【株主の権利の行使に関する利益供与の禁止】
会社は、何人に対しても株主の権利の行使に関し、会社または子会社の計算において、財産上の利益の供与をすることができません。
何人に対してもであり、株主だけでなく、株主以外に対しても利益供与禁止の対象としています。

株主ではないから、金品を受け取っても問題ないと思っている方は危険です。
知らないうちに利益供与に当てはまってしまうかも。

今回問題になっているのは、日テレのコンプライアンスに違反している可能性があるということ

行動憲章
1.【法令、規範を守ります】
(1) 法令遵守私たちは、法令や社会の規範を守り、社会的良識に基づいて行動します。法令や社会の規範に背く行為が、会社の存亡に直結することを十分に認識します。自らの業務に関連する全ての法令、規則、社内規則の求めるところを確認し、理解し、遵守することは、私たち一人ひとりの責任です。

社内規則の遵守について触れています。社内規則には取引先や利害関係のある人から金品・物品を受け取ることを禁止している企業が多いので、恐らく日本テレビの社内規則にも載っているでしょう。

行動憲章
5.【取引先との健全、良好な関係を保ちます】
(1) 不公正な取引の禁止私たちは、取材・番組制作・放送に関係する法人や個人、広告主・広告代理店、その他の取引先に対し、誠実に接するとともに、節度ある健全、良好な関係を保ち、不公正な決定、便宜供与、取引は行いません。

(3) 過剰な贈答・接待の拒否私たちは、取材・番組制作・放送に関係する法人や個人、広告主・広告代理店、その他の取引先からの、過剰な贈答・接待は受けません。

スッキリ!!の新司会者に抜擢されたばかり。誤報だと良いのですが...

1