出典 www.export-forum.com

ソーマチン(カテンフェ)

「砂糖より2000倍甘い」甘味料

世界で最も甘い甘味料。
ソーマチンは、西アフリカのクズウコン科の植物・タウマトコックス・ダニエリの果実から単離されたタンパク質の混合物として最初に発見された。ソーマチン系甘味料のタンパク質は、砂糖よりも約2000倍甘い。また非常に甘いものの、ソーマチンの味は、砂糖とはかなり異なる。ソーマチンの甘さは非常にゆっくりと現れ、大量に摂取した時にはリコリス様の後味を残して、感覚は長く続く。ソーマチンは非常に水に溶けやすく、熱や酸性環境に安定である。

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る