米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所のチームは16日、地球の周りを回る小惑星を新たに発見したと発表した。実際には地球に寄り添って太陽の周りを移動しているだけで、厳密には月のような地球の衛星とは言えないが、チームは「準衛星と言ってもいい」としている。

 小惑星は今年4月に見つかり「2016HO3」と名付けられた。大きさははっきりしないが、40~100メートルほどと推定される。公転する地球の進行方向の前に出たり後ろに回ったりしている。地球との距離は、地球と月の距離の38から100倍の間で変動するが、地球に衝突する心配はないという。

 チームの分析では100年ほど前からこのような動きをしていて、今後数百年は地球の近くにとどまるとみられる。(

出典地球に新たな月見つかる? NASA、周回する小惑星発見「準衛星」 — スポニチ Sponichi Annex 社会

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

地球の衛星ながら、まだまだ知らないことばかりな「月」 月面には何がある?

人類が足を踏み入れたことさえあるのに、まだまだその実体には不明なところが多い「月」。もはや月に関する情報が抑えられているという話も嘘に聞こえない時代ですが、それにしても生活の一部に溶け込んでいるにも関わらず知らないことは多い。

このまとめを見る