JAXA=宇宙航空研究開発機構などのチームによりますと、巨大な空洞は、火山が多く存在していた「マリウス丘」と呼ばれる場所に存在し、月の地下をはうように横におよそ50キロ続いているということです。

空洞は、直径50メートルほどの縦穴で月面とつながっていると見られ、内部は300度ほどあるとされる月の昼と夜の温度差や、宇宙から降り注ぐ放射線の影響を受けにくいほか、水を含む鉱物が残されている可能性もあるということです。

月の探査をめぐっては、今月、アメリカが宇宙飛行士を再び送る計画を発表するとともに、火星などへの有人探査に向けた拠点を月に築く方針を明らかにしています。

また日本でも、2025年以降に日本人宇宙飛行士を月面に送る計画が提案され、今後、議論されることになっていて、JAXAでは将来、月面基地として利用できる可能性があるとしています。

JAXA宇宙科学研究所の春山純一助教は「過酷な月表面の環境を人間が生き抜くのは厳しいと考えていたが、地下の空洞の存在はアポロ計画以来、行けていない月に改めて人間が進んでいける可能性を示している」と話しています。

出典月の地下に巨大な空洞発見 月面基地として活用の可能性も | NHKニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

地球の衛星ながら、まだまだ知らないことばかりな「月」 月面には何がある?

人類が足を踏み入れたことさえあるのに、まだまだその実体には不明なところが多い「月」。もはや月に関する情報が抑えられているという話も嘘に聞こえない時代ですが、それにしても生活の一部に溶け込んでいるにも関わらず知らないことは多い。

このまとめを見る