「あまりに大量の水だったため、探査機に搭載されていた機器が、大気中の水をスポンジみたいに吸収したのです」。研究を主導したNASAゴダード宇宙飛行センターの惑星科学者、メディ・ベンナ氏はそう語る。

 この発見は、月がそもそもどのように形成されたかを理解する新たな手がかりになるだろう。また、今後の有人ミッションにも影響を与えるに違いない。その際には、月面の水分を水分補給や推進力の確保に活用できるかもしれない。

「これまでずっと、月は非常に静かで寂しい場所だと考えられてきました」とベンナ氏。「今回のデータによって、実際の月は非常にアクティブで刺激に敏感であることがわかりました」

出典月面直下のどこにでも水がある、NASAの驚きの研究結果(ナショナル ジオグラフィック日本版) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

地球の衛星ながら、まだまだ知らないことばかりな「月」 月面には何がある?

人類が足を踏み入れたことさえあるのに、まだまだその実体には不明なところが多い「月」。もはや月に関する情報が抑えられているという話も嘘に聞こえない時代ですが、それにしても生活の一部に溶け込んでいるにも関わらず知らないことは多い。

このまとめを見る