1. まとめトップ

あなたは本当に花粉症?アレルギー性鼻炎のいろいろ

花粉症の季節がやってきました。毎年悩まされているあなた、本当に花粉症ですか?もしかしたらダニやハウスダスト、ペットが原因かも……原因によって対処法が全く違います!

更新日: 2015年04月05日

2 お気に入り 1979 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

JROCKさん

なぜ花粉で鼻水や涙が出てくるのか?

[1]私たちの体は、“花粉”という異物(アレルゲン)が侵入するとまず、それを受け入れるかどうかを考えます。

[2]排除すると判断した場合、[3]体はこれと反応する物質をつくる仕組みをもっています。この物質を「IgE抗体」と呼びます。

[4]抗体ができた後、[5]再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。

[6]その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうとします。

・・・そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てくるのです。

アレルギーというのは本当は反応しなくてもいい身体の外の物質に対して過剰に反応してしまう事をいいます。花粉といった原因物質にさらされることで、次第に身体の中で抗体が増え、ある日花粉症を発症します。発症してしまうと、原因物質を吸い込むたびに、くしゃみ、鼻水、はなづまりといった症状が出るようになります。

でもあなたのその症状の原因、本当に花粉症ですか?

「ハウスダストアレルギーは、ホコリっぽい所で症状が出ることが特徴です。ハウスダストは通年存在しますが、春先のように寒暖差が大きいと過敏症状が悪化するため、花粉症の時期に症状だけで診断することは難しいですね。また、アレルゲンが1種類だけでないことも多く、スギ花粉症にハウスダストアレルギーが合併することも少なくありません。やはり院内で検査による診断が重要です」

ダニは1年中活動していますが、ダニが増殖しやすい季節といえば梅雨や夏のイメージがあります。実際は春からダニは活動しています。

春になって「ポカポカして動きやすい季節になった」と思ったら、植物も盛んに成長し始めます。同じようにダニも「動きやすくなった」と活動を活発化させていることを忘れないでください。

換毛期は人間でいう衣替えの時期です。
夏に冬服を着ていたら耐えられませんよね?
ですから、春・秋にそれぞれ夏・冬用の毛に生え変わります。

花粉症かも?と思ったらまず耳鼻科に行って検査を受けましょう!

血液検査をすることで原因物質に対する抗体が高くなっているか分かります。単に陽性かどうかだけでなく、6段階評価で自分のアレルギーの強さが分かるので、どのくらい強い薬が適しているか判断できます。原因がスギなのか、ヒノキもなのかを判別することで何カ月薬を飲むべきかも判断できます。スギ花粉症と思い込んでいて、実はハウスダストやダニのアレルギーだった、なんて患者さんもいらっしゃいます。

1