1. まとめトップ

女優のミラ・ジョヴォヴィッチ、第2子となる女の子を出産・・名前を公表するとともに報告も!

映画「バイオハザード」シリーズに出演しているとして知られる女優のミラ・ジョヴォヴィッチが4月1日に第2子となる女の子を出産していたことが明らかになった。既に名前も決まっており公表している。ミラはほんの数ヶ月間は産休をとりその後は映画撮影があるため仕事へ復帰する予定だそう。

更新日: 2015年04月03日

1 お気に入り 6101 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

alive1984さん

出産間近と噂されていたミラ・ジョヴォヴィッチ、無事第2子となる女の子出産・・母子ともに健康!

ダシール・エドンちゃんと名付けたと伝えている。彼女は7ポンド10オンス(約3458グラム)で誕生したそうだ。

住まいのある米ロサンゼルスにて現地時間4月1日午前に、夫で映画監督のポール・W・S・アンダーソンとの間の第2子となる女児を出産した。

ミラのインスタグラムに第2子の女の子の写真が掲載されている

ミラのインスタグラム
https://instagram.com/p/09VoyhzMkg/

「ミラは、今朝5:45分に娘ダシールちゃんを出産いたしました」と、『E! News』に対してミラの広報は語った。

「みんな大喜びで、この上なく幸福です。ミラはずっと生まれたばかりの娘をだっこしています」と明かしている。

出産予定日だった3月29日の翌日、ミラはFacebookに「みんなハロー! 予定日よりも1日オーバー。いつ生まれてもおかしくないので、準備は万端。わくわくしているわ」と書いていた。

つけ麺で知られる「二代目つじ田」の ロサンゼルス2号店でおいしい食事をしたことがよかったのか、その後3月31日には、分娩が「いつ何時」始まってもおかしくないので夫ポールと病院に向かう用意をすべて整えたと、ミラはソーシャルメディアで報告していた。

ミラは昨年10月にエヴァーちゃんに妹ができることに対して、「彼女(エヴァー)は『彼女(妹)に何も買わなくてもいいわよ、ママ。彼女は私のお古を着ればいいわ。彼女は何もいらないわよ!』って言っているの」と語り、生まれてくる子はシンデレラのようにお古を着ることになると話していた。

ミラは自身が主演を務める『バイオハザード』シリーズの監督で夫のポール・W・S・アンダーソンとの間に第2子を授かったことを昨年8月に発表。ミラとアンダーソン監督の間には2007年に娘のエヴァーちゃんが誕生している。

そんなミラは長くは産休がとれないようだ・・

ミラと娘のエヴァーちゃん

ミラは以前、『バイオハザード』シリーズの最終章『レジデント・イーヴル:ザ・ファイナル・チャプター(原題) / Resident Evil: The Final Chapter』の撮影を控えているため、出産後も数か月で復帰するとコメント。

「一人目の子を産んだときほど体重が増えなかったことを誇りに思うわ! だって、8月に始まる『レジデント・イーヴル:ザ・ファイナル・チャプター(原題)』の撮影に備えなくちゃいけないんだもの!」とFacebookにつづっていた。

ダシールちゃんを出産したミラだが、家族の新しい一員とともに一日中過ごす時間を、そう長く続けることは出来なさそうである。

今後のミラは体調管理も気遣いながらの活動になることは確かだ

長女のエバー・ガボを出産した時は30キロ以上太ってメディアに騒がれたミラだが、仕事を控えていた今回は前回のようなことにはならなかったようだ。

ミラは、今年後半には『バイオハザード』シリーズ新作の撮影が入っているので、ほんの数か月しか産休を取ることができないらしい。

1