制度を拡充したことで、一人ひとりの働く時間の選択肢がより拡がり、効率化や生産性の向上を実現することが可能となります。さらに育児・介護両立者の上限は所定労働時間の50%となっています。

出典日産|会社情報|従業員の多様性を活かす(ダイバーシティ)|多様な働き方ができるように

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

トヨタが家で仕事ができる”終日在宅勤務制”を強化。子育て支援へ取り組む

ノマドワーカー:職場でなく、カフェなどでパソコンを使い仕事をする人。テレワーク:通信機器等を利用し時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働くこと。日本語の造語

このまとめを見る