六星占術では、その人の生まれ持った運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けて占い、それぞれの運命星を持った人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼ぶ。また、ある特別な条件がそろったときに限り、霊合星人(れいごうせいじん)となる。霊合星人はそれ単体で独立している運命星ではなく、例えば「土星人の霊合星人」というようにほかの6つの運命星と複合するものである[3]。
運気は、土星人⇔天王星人、金星人⇔木星人、火星人⇔水星人になる。
それぞれの人の運命星は、生年月日によって算出された運命数、星数により決定される。運命星によりその人の占命盤が描かれ、これをもとに占いが行われる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

当たる!世界の占いの種類

様々な占いの種類を紹介します。主に当たると言われているポピュラーな占いの詳細をまとめてみました。

このまとめを見る