1. まとめトップ

社会保険労務士試験に合格する勉強法!

受験資格は? どういう試験なの? むずかしいって聞いてるけど?独学で合格できるの?など、これから社会保険労務士を目指す人に社労士の勉強法など全体像を分かりやすく説明します。

更新日: 2015年05月15日

7 お気に入り 11993 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

biggogoldさん

社労士の仕事とは?

社労士の仕事は、大きく3つに分けることができます。1号・2号業務は社会保険労務士に与えられた独占業務です。

1号業務 「提出書類の手続き代行」

労働者社会保険諸法令に基づく申請書等の作成および提出に関する手続き代行を行います。
例えば…
・労働基準法、雇用保険法、国民・厚生年金法など申請書類等の提出
・休業補償給付、出産手当金、傷病手当金などの請求
・雇用保険、社会保険の加入・脱退、各種助成金などの請求

2号業務 「帳簿書類の作成事務」

労働社会保険や労務管理に関する相談や指導を行います。
近年、人事・労務のスペシャリストとして、労使トラブル解消、賃金制度の改定、就業規則の見直しなど、その企業に合ったアドバイスを行うことができる人材が求められています。

その他

その他社労士にできる仕事はたくさんあります。
・企業研修
 社内教育訓練の講師として
・講演
 人事・労務担当者に対する労務管理、企業年金等の講演
 一般の方に対する年金等の講演
・受験指導
 専門学校等での講師
 独自の学習教材を作成し受験指導

活躍の場所は

簡単に勤務社会保険労務士と開業社会保険労務士の2つの道があります。

勤務社労士

勤務社労士には大きく2種類の働き方があります。
①社会保険労務士事務所に就職する方法
 独立開業という目標を設定して、経験豊富な先輩社会保険労務士のもとで修行し、経験を積みながら働く方法です。
②現在勤務している会社で資格を活かす方法
 企業に勤務しながら、総務部や人事部などで労務・人事・社会保険のスペシャリストとして活躍します。

開業社労士

雇われているよりも、独立をしたほうがよい、自分の力を試してみたい、社会保険労務士として社会貢献したい方におすすめです。独立資金は、パソコン・電話・FAXなどがあれば比較的お金もかからず自宅でも開業できます。知識と営業力が成功するかどうかのポイントです。
もし知識に不安があるようならばハローワークや労働基準監督署で社会保険労務士資格を有する求人が出ている場合がありますので、何年かそこで働きながらスキルアップをして独立開業を目指すという方法もあります。

試験の概要

▼受験資格

社会保険労務士試験を受験するためには、受験資格が必要です。
受験資格は3つに分けられており、『学歴』『実務経験』『その他の国家試験合格』のいずれかの要件に該当する必要があります。

『学歴』

1.大学、短期大学、高等専門学校を卒業した方 2.大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した方 3.修業年限が2年以上で、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した方など

『実務経験』

国家公務員または地方公務員として行政事務に従事した期間および特定独立行政法人の役員または職員として行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して3年以上になる方 2.社会保険労務士もしくは社会保険労務士法人又は弁護士もしくは弁護士法人の業務の補助に従事した期間が通算して3年以上になる方 3.労働組合の職員または法人等もしくは事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する事務に従事した期間が通算して3年以上になる方など

『その他国家資格』

司法試験第1次試験または高等試験予備試験に合格した方 2.行政書士となる資格をお持ちの方など

▼申込み・試験科目

願書配布

例年4月中旬より全国社会保険労務士会連合会試験センターにて配布

願書受付

例年4月中旬~5月末日まで、全国社会保険労務士会連合会試験センターへの郵送または試験センター窓口での申込み

試験日

例年8月第4日曜日
択一式:午前210分  選択式:午後80分

試験科目

□択一式 7科目 各科目10問(10点) 合計70問(70点)
□選択式 8科目 1問(5点) 合計8問(40点)

合格発表日

例年11月上旬
合格者には合格証書を郵送するほか、その受験番号が官報に公告されます。また、試験センターホームページで掲載されます。受験者には成績等が通知されます。(合格発表日に郵送)

問題形式

□択一式
試験時間210分
A~Eの選択肢があり、この中から正解を選び出します。
7科目で各10問ずつ、1問1点とし、1科目10点満点、合計70点満点になります。
〈択一式合格ライン〉
総得点46点以上(難易度により基準の変更あり)かつ各科目4点以上である者
□選択式
試験時間80分
A~Eの空欄があり、20個の選択肢の中から正解を選び出します。
8科目で各5問ずつ、1問1点とし、1科目5点満点、合計40点満点になります。
〈選択式合格ライン〉
総得点21点以上(難易度により基準の変更あり)かつ各科目3点以上(難易度により基準の変更あり)である者

▼合格率

合格者を見ると、女性が約30%

他資格と比べても高い割合を占めていて、女性にも人気の資格です。

1 2 3