1. まとめトップ
  2. カラダ

いくら歯磨きしてもダメ?強烈な口臭は腸から改善しよう!

誰かと話をした瞬間、思わず「うっ!」と顔をそむけたり、鼻をふさいだりしたくなったことはありませんか?口臭がひどいと、まるで真夏のゴミ捨て場のような悪臭がすることも。口臭は、アルコールやタバコの匂いが原因となることもありますが、最近注目を集めている口臭の原因が「腸」です。

更新日: 2015年04月03日

tame2000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
875 お気に入り 343186 view
お気に入り追加

現代社会では「スメルハラスメント」に要注意

「セクハラ」「パワハラ」「モラハラ」…会社生活のなかで注意したい「ハラスメント」の数々。なかでも、最近注目されているのが「スメルハラスメント」、通称「スメハラ」

体臭や口臭などのニオイによって、周囲に不快感を与えることを指す新たなハラスメントだ。

セクハラ・パワハラと根本的に異なるのが当人には迷惑をかけている自覚がない、ということ

「いまどきの口臭事情」によると、他人のニオイで気になるのは、82%で断トツ1位の口臭。自分の口臭を気にする人ほど、他人の口臭も過剰に気になってしまう、というデータ結果も出ています

あと30分間は口で呼吸しなきゃいけない辛いくさい死ね

いくら歯磨きしても舌苔取っても匂いがキツイ・・・

口臭に気付き、セルフケアとして歯や舌をきちんと磨いていても、なかなか口臭が治らないことがあります。

なんとかしたくて毎日3回は歯磨きをしているのですが良くなりません。舌磨きまで始めたのですが同様に駄目です。

もしかすると、それは腸が原因の口臭かも?

「歯磨きをしても口臭がなかなか取れない」という場合は、腸内環境の悪化が影響しているのかもしれません。

悪玉菌が増え、善玉菌が減ることで口臭を生む

腸が汚れることで悪玉菌をさらに増やし、悪玉菌が増えることでアンモニアなど強烈なガスを発生。

また、排せつが起きにくくなると、長時間、便が腸内にいるため、腐敗や発酵など起きて悪臭ガスが発生。

すると、悪臭ガスも栄養と同じく腸から体内へ吸収され、血液により体中を巡ります。

そして、血液と一緒に有毒ガスが肺に達し、呼吸により口臭として出てくることになります。

腸内の悪玉菌を減らすには"野菜中心"

悪玉菌は、タンパク質や脂質をエサにして増殖するので、肉類を摂り過ぎないようにしましょう。

暴飲暴食をしていたり、酒の飲みすぎをしていたり、インスタント食品やお菓子ばかり食べていると増えます。

野菜中心で酒の量もほどほどにすれば、必然的に悪玉菌を減らすことができます。

1 2





みなさんの役に立つ楽しいまとめを作っていきたいと思っています。
よろしければ★を押してお気に入りにご登録ください。
よろしくお願いいたします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう