1. まとめトップ

【名盤】90年代にRyan Greeneが手掛けたパンク・メロコアアルバム10選

稀代の名プロデューサーRyan Greene(ライアン・グリーン)が、90年代に手掛けたアルバムの中から個人的に名盤と思うパンク・メロコアアルバムをご紹介します。墓に持っていくレベルの名盤ばかりです。

更新日: 2015年04月04日

9 お気に入り 11599 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiromochiさん

・NOFX - Punk In Drublic

USメロコアシーンの代表的バンドNOFXが1994年にリリースした5thアルバム。多くのキッズたちをメロコア中毒にさせたアルバムで現在もライブで多く演奏される人気が収録されています。

イントロ最高過ぎにつき、聴いたら最後、アルバムをノンストップで聴くしかないです。

・Lagwagon - Let's Talk About Feelings

カリフォルニア州出身のバンドLagwagonが1998年にリリースした5thアルバムであり、彼らのアルバムで最高傑作との呼び声が高いアルバムです。収録時間30分に満たないアルバムですが、どれもスピーディーで哀愁感溢れまくりで聴いた後余韻に浸れる名盤中の名盤です。

5月16日にはこの曲聴くしかないですよね?!

・No Use For A Name - Making Friends

1987年に結成されたカリフォルニア州出身のパンクバンドNo Use For A Nameが1997年にリリースした5thアルバム。彼らの得意とする泣きのメロディーと疾走感が爆発した1枚です。

What's Your Name?って言われたら、言い返すやりとりでお馴染みの曲です。

・Hi-STANDARD - Angry Fists

日本が世界に誇るメロコアバンドであり、90年代のメロコアブームの火付け役として有名すぎるバンドHi-STANDARDが1997年にリリースした2ndアルバム。

・Mad Caddies - Duck & Cover

1995年に結成されたカリフォルニア州出身のスカパンクバンドMad Caddiesが1998年にリリースした2ndアルバム。彼らの代表曲が多く収録されたアルバムであり、踊らずにはいられないアルバムです。ボーカルのChuckの声がかっこよぎです。

・Strung Out - Twisted by Design

1989年に結成されたカリフォルニア州出身のメロディックパンクバンドが1998年にリリースされた3thアルバム。メタリックなギターと疾走感が最高すぎる名盤です。ジャケが微妙で敬遠してしまいそうですが...とてつもなく名盤なので是非手にとってみてください!

・Fenix TX - Self Titled

1995年にテキサス州で結成したエモ・ポップパンクバンドがリリースした1999年にリリースしたアルバム。ポップで爽やかな楽曲が多いアルバムなので、まさに「青春のサウンドトラック」といえるアルバムですw

・Limp - Guitarded

世間ではミクスチャー・ラップメタルバンドのLimp Bizkitが有名ですがメロコア界ではカリフォルニア出身のこちらのバンドを指します。なんともいってもこの標識風のジャケがインパクト強いアルバムです。

・Good Riddance - A Comprehensive Guide to Moderne Rebellion

1986年に結成されたカリフォルニア州サンタクルーズ出身のメロディックハードコアバンドが1996年にリリースした2ndアルバム。男気溢れるサウンドが熱くさせます。

・Pulley - Esteem Driven Engine

元Ten Foot Poleのボーカリストで元メジャーリーガーのScott Radinskyが在籍したことで有名なメロディックパンクが1996年にリリースした記念すべき1stアルバム。

1 2