1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アイドリング!!!が全員卒業へ!「解散」宣言ではないことに疑問の声も

4月3日、「アイドリング!!!」がメンバー全員の卒業発表をしました。”解散”ではなく”卒業”とした形に、一部では疑問の声もあがっています。卒業するのに、7月に7期生が入ってくるなど、まだわからない部分もたくさんあるようです。

更新日: 2015年04月04日

13 お気に入り 57212 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuyu170823さん

■4月3日、アイドルグループ「アイドリング!!!」が”メンバー全員卒業”発表をした・・”解散”ではない

●グループ名の「アイドリング!!! (Idoling!!!)」は「アイドル (Idol) + 進行形 (ing)」で、「現在進行形で成長するアイドル」という意味が込められている

アイドルグループ・アイドリング!!!のメンバー全員が2015年10月末日をもって同グループを卒業することが3日、わかった

アイドリング!!!はグループとしては解散せず、所属メンバーは10月31日をもって全員卒業となる。

活動開始から10年目を迎える2015年10月末日に、各メンバーが“アイドリング!!!”という練習の場から巣立ち、自らの足でそれぞれの夢に向かって新たに活動していくために、全員がグループを卒業するという決断に至ったという。

神原プロデューサーは「グループは解散しません。メンバーそれぞれの『原点』として存在し続け、その概念は次なるステージに進むと考えています」とコメントし、今後の展開に含みを持たせた。

「アイドリング!!!」は、これまでにシングル23作品、アルバム6作品をリリースし、シングルは14作連続でオリコン週間チャート10位以内を記録している

■全員卒業するのに、7月には7期生も加入するというサプライズ発表も

●「ライブが最期じゃなく、番組が最期なのがアイドリングらしいな」という声も・・アイドリングは元々、フジテレビの番組企画から誕生したユニット

さらに思わぬサプライズも発表された。全員卒業まで3カ月余りの7月に、新メンバーが加入するというものだ。

●番組内では「引き継ぎ要員」と説明していたが、これが7期生となるのか、もしくは別の形になるのかは今後の発表が待たれるところである。

7月には卒業生登場企画(登場メンバーは未定)、8月には「アイドリング!!!だらけの水泳大会」、9月には舞台と卒業生企画第二弾、さらには修学旅行や大相撲秋場所も開催する

10月5日に東京・日本武道館でラストライブを開催。現メンバーの最終在籍日となる10月31日に最後の生放送が行なわれることも発表された

■”解散じゃないの?”・・疑問に思う声や否定的な見解も多い

アイドリング全員卒業?解散とどんな違いが…(´・ω・`)

アイドリング全員卒業だけど解散はしないって、それ解散と同じだろ

@tkshkane やはり、全員卒業は納得いかないな~。メンバーがいないなら解散と一緒だよ。 せめて悲しい気持ちにさせないくらい笑いが欲しい。

武道館卒業かい! 解散じゃなくて卒業って言ってもニュアンスの違いだぜっ!!!

■2月末にに日刊スポーツにスクープ記事がでていた・・正式発表前にスクープされた形に

●解散コンサートは横浜市のパシフィコ横浜国立大ホール(約5000人収容)で検討 されているという内容・・4/3の発表ではこれが日本武道館にかわっていたのは、スタッフ側のせめてもの意地か?

この時に神原孝統括プロデューサーは、グループが終了の方向ではあるものの、詳細は決まっていないとしていた。

また「もっと『アイドリング!!!らしい』壮大な発表の企画を準備していたのが、今回のような報道がなされたことで、全て水の泡となったことが残念でなりません」としていた

●「ようは売れ残る前に“閉店セール”で最後の荒稼ぎをもくろんでいたのに水を差されたからだろう。」と揶揄する声もネット上にはあった

■3月21日のライブでは、ライブ中に一時中断騒動までおきている

●3月19日(2015年)、迷惑行為を繰り返すファンのイベント「出禁」を公式サイトで通告したにも関わらずの迷惑行為だった・・最前列の一部のファンがジャンプする等の行為が行われた

21日、大阪で行われたライブイベント「Happy Jam in Osaka」でファンの迷惑行為によりライブを一時中断した

神原孝統括プロデューサーが登場し、問題行動を取ったファンと口論に。同イベントはインターネット中継されており、この模様も配信される結果となった

●きれた神原プロヂューサーの対応の悪さも話題に

神原統括プロデューサーはその後、ライブの中断について謝罪した後「ルールを守らないファンがいるとアイドリング!!!がこれ以上ファンを増やせない」と理解を求めたが、グループは年内の解散が報じられており、ファンの一部からはやじも飛んだ。

神原プロデューサーが「解散するしないの問題じゃない。解散するから飛んでいいのか。一生懸命やっているんだ、こっちは」と激高する場面も見られた。

1 2