1. まとめトップ

東北名産のグロテスクだけど美味☆ホヤの真価

ちょっとその見た目から敬遠されがちですが、新鮮だと臭くもなく、うまみたっぷりの最高の海の恵みであるホヤのご紹介。

更新日: 2018年09月12日

8 お気に入り 15758 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

見た目に反して美味です。

moepapaさん

ホヤとは

ホヤ(海鞘、老海鼠)は脊索動物門 尾索動物亜門 ホヤ綱 に属する海産動物の総称。
日本では主にマボヤ科のマボヤ(Halocynthia roretzi)とアカボヤ(H. aurantium)が食用にされている。
古くからホヤの食用が広く行われ多く流通するのは主に東北地方北部沿岸であり、水揚げ量の多い石巻漁港がある宮城県では酒の肴として一般的である。

ホヤは日本、韓国、フランスやチリなどで食材として用いられている。
ワタと呼ばれる肝臓や腸には独特の匂いがあり、これを好む者はワタごと調理し、苦手な者はワタを除去すると独特の匂いがかなり抑えられる。

ホヤ料理

なかなか珍しい海棲生物ですが、東北地方では伝統的な食材で、様々な食し方が開拓されています。

定番のホヤのお刺身です。ホヤを割って、ホヤの身に入った水で洗うとよいとされています。

炙ると甘みが増しておいしいです。

これは珍しい。ホヤの身の酸味がフルーツサラダとマッチする、として、よく料理漫画などでもピックアップされています。

旨味たっぷりの身のため、炊き込みごはんに入れると、余すことなくその旨味が出て最高です。

珍味☆ホヤの塩辛です。お酒のお供に最高です。

かなり珍しいです。

磯の香りが凝縮した感じになります。

ホヤは酸味とよく合います。

キュウリ無しにホヤ食うなと言われるほどキュウリと相性がよいです。

ホヤの赤ちゃん

ホヤの赤ちゃんがかわいいとネットで話題に!!!
なんかかわいい生物の群れみたいになっています。

動画

1 2