これまでの心肺蘇生法は次のような流れでした。反応の確認、応援とAED要請、気道確保(Airway)、呼吸確認(見て聞いて感じて)、人工呼吸(Breathing)、(脈拍触知:医療者のみ)、胸骨圧迫(Compression/Circulation)開始

出典AHAガイドライン2010の新しい心肺蘇生法(BLS/CPR)解説

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

もし倒れている人がいたら、すぐに「人工呼吸」じゃないの?知っておきたい、最新の「心肺蘇生」の手順とは

倒れた人を発見し、すぐに行う心肺蘇生のやり方が、常に状況を踏まえてより良いものに変化しているようです。いつ自分が直面するかわからない事態に備えて、しっかりと知っておきたい知識です。

このまとめを見る