最低限触れなくてはいけないのは、傷病者に触れるのは反応確認の時の肩と、胸骨圧迫のための胸部のみとなり、心的な障壁は相当小さくなるはずです。

出典AHAガイドライン2010の新しい心肺蘇生法(BLS/CPR)解説

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

もし倒れている人がいたら、すぐに「人工呼吸」じゃないの?知っておきたい、最新の「心肺蘇生」の手順とは

倒れた人を発見し、すぐに行う心肺蘇生のやり方が、常に状況を踏まえてより良いものに変化しているようです。いつ自分が直面するかわからない事態に備えて、しっかりと知っておきたい知識です。

このまとめを見る