1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

リアル北斗の拳!映画マッドマックス4の世界が狂い過ぎ…。【怒りのデスロード感想アカデミー賞】

2015年6月20日に公開されるマッドマックス怒りのデス・ロード。30年ぶりの新作ということで気合入りまくりです。北斗の拳に影響を与えたことでも有名ですが、今回は更にパワーアップ。しかもCGをほとんど使っていません。主役も脂ののったトム・ハーディに交代。予告編からテンション上がりまくり。

更新日: 2016年03月05日

159 お気に入り 1716667 view
お気に入り追加

前作「マッドマックス/サンダードーム」から何年後の設定なのかはわかりませんが、世界が一層荒廃し、人類の頭がさらにアレしてしまった印象。これはアートブックが欲しくなる映画だね!

なぜにギターから火が出るのか不明ですが、そこは勢いです。見た目格好良いから!

とにかくカーチェイスが派手とかいうだけのアクション映画ではなくて、アート性が異様に高いのも、フィンチャーなどの映画監督達をインスパイアした理由なのではないかと思う。

■改造車バリバリのカーアクションも楽しみ!

まさに終末の世界なので、まともなクルマなんて出てきやしませんよ!

奪うか、奪われるか。狩られるか、逃げ延びるか。生き抜くための本気の疾走。二輪、四輪入り乱れる映画史上最もマッドなノンストップカー・バトルがトップスピードで暴走する。

ド派手なアクションの連続! 正気の沙汰とは思えない光景が広がるマッドな世界!

リアルさを追求するために、なんと映画全体の80%が実写という。スタントマン、大丈夫か?

映像を見ていると、何人かのスタントマンは死んだか大ケガしてるんじゃない?そんな心配をしてしまいます。

出演したシャーリーズ・セロンも車が50台くらい並んで撮影したカーチェイスシーンを車の中から見ていて、「これ映画を見ている人達はCGと思うかもしれないけど、違うから!」というド迫力だったそうだ。

■登場する敵も破壊力満点です!

ボスキャラです。

すでに人間には見えません。骸骨のようなマスクについているパイプはただの飾りではなく、呼吸を助けるものだとか。

イモータン・ジョーは戦争の英雄だったものの、死の淵から蘇ることで人々の心を操ることに成功し、独裁者へ変貌した男とのこと。

もはや人間とは思えない姿のイモータンジョーの凶悪描写に期待を募らせる日々だが演じてる役者はマッドマックスのトゥーカッターの人だった!

イモータン・ジョーの息子だということです。

ものすごいパワーファイター系です。目の前にいたら逃げましょう。

リクトス・エレクトスを演じるネイサン・ジョーンズは、『トロイ』(’04)やジェット・リーの『スピリット』(’06)でアクションを披露しているオーストラリア出身のプロレスラー。

父親と同じく呼吸に問題があるのか鼻にはチューブが入っていますが、ヒューマンガス様に負けず劣らずの強靭な肉体を持っています。

■監督、最近は癒し系の映画ばかり撮っていたのに…。

「ベイブ」や「ハッピー・フィート」といったいわゆる子供向けの癒し映画を撮り続けていたジョージミラー監督。ミュージカル・アニメ「ハッピーフィート」ではアカデミー長編アニメーション賞を受賞しましたが、心の中にふつふつと沸き立つものが…。

センチメンタルな作品を手掛けているうちに、ミラー監督の心のなかでは、怒りがふつふつとわきあがり、激しく渦巻くようになったらしい。

本当にやりたい映画が撮れなくて、大分うっぷんがたまっていたのではないでしょうか。

ちなみに本作は資金難により10年近く製作が遅れていたようです。

逆にパワーが溜まって、良い方向に振り切れていますね

ジョージ・ミラー監督は、血みどろの復讐劇を求めているらしい。終末世界を描いた『マッドマックス』シリーズで有名になった同監督は、その後に「アクション映画」の制作に挑んだ者に対して、憎しみの雨を降らせようとしているように思える。

最初に書いた脚本には文字はなくて、いきなり絵コンテで描いたというのだ。さらに「日本の観客が字幕なしでも楽しめる映画にしたい」と語っている。ということは、とにかくアクションに次ぐアクションということだと思う。

■撮影するまでに時間もお金もかかった…。苦心の一作です。

オーストラリアドルの価格の上昇によるオーストラリア経済の不安定も増し、映画の製作費の調達が困難になっていた。その結果、撮影延長のみならず、映画制作が出来にくくなってしまった。

撮影地のブロークンヒルの荒野が天候の大雨による影響で緑化し花畑になってしまい撮影出来なくなった為、撮影は初期製作計画で予定していた事もあるアフリカのナミビアで再び撮影すると言う事となった。

■ちなみに美女も出演するようですよ!

“囚われた美女たち”の1人、ケイブルを演じるライリーは、エルヴィス・プレスリーの娘であるリサ・マリー(父はダニー・キーオ)の娘。

1 2 3