1. まとめトップ

リスカの傷跡をキレイに消す方法まとめ

自傷行為(リストカット、アームカット、レッグカット)による傷跡を消す方法をまとめてみました。リスカ痕を消すやり方は形成外科による手術とレーザー治療、あるいは塗り薬で治す3通りあります。それぞれ治療に掛かる時間と料金について調べました。リストカットをして後悔している人のための情報です。

更新日: 2015年04月05日

46 お気に入り 212114 view
お気に入り追加

★リスカ痕の消し方には、大きく分けて3つの方法がある

一つ目は塗り薬。
二つ目はレーザー治療。
三つ目は形成手術。

塗り薬はお近くのドラッグストアで手に入ります。
手術とレーザーは美容外科(または美容皮膚科)で出来ます。

手首側に、赤い新しい傷跡が集まっており、ひじ側に白い古い傷が集まっているケースです。
レーザーを月に1度、5回照射。赤いリスカ跡が薄くなっているのが分かります。

1.塗り薬アットノンでリストカットの傷跡を消す

費用:¥1,118
治療期間:1年~
効果:★☆☆☆☆
備考:白っぽい傷跡にはまったく効果なし。浅くて赤い切り傷なら薄くなる効果があるかも。

アットノンは赤いリスカ跡に効果的です。白っぽく脱色しているようなリスカ痕には使えません。なぜなら、白い傷跡はリストカットしてから時間が経っている「成熟した傷跡」になっているからです。

2.レーザーでリストカットの傷跡を消す

費用:¥140,400(1クール全5回)
治療期間:6ヶ月程度
効果:★★★☆☆
備考:リストカット跡を消すというより、ボカして目立たなくすると言った方が正確かも。

リストカットの傷跡のレーザー治療ではキズは薄くしかなりません。傷が消えるというよりも、全体的に白くボヤけさせるといった感じになります。つまり傷跡は完全には消えません。
しかも最低5回は通院する必要があり、効果が薄い場合はレーザーの施術回数が増えるので、治療期間とお金が余分に掛かります。

3.手術でリストカットの傷跡を消す

費用:¥500,000(ハガキ大)
治療期間:1週間~1ヶ月程度(治療方法、範囲による)
効果:★★★★★
備考:皮膚を切り取ったあと縫い合わせるので必ず傷跡はなくなる。ただし細長い一本の手術跡が残る。

いつも後ろめたい傷跡。リストカットの傷跡を完全に元通りの皮膚に戻すのは無理。でも切除縫合によってリストカット痕に見えない形に変えることはできます。1回で切って縫える位の幅であれば切って縫いますし、2回で切って縫える場合は2回で行います。2回手術する場合は費用も2倍かかります。

4.ファンデーションテープでリストカットの傷跡を消す

費用:¥1,944円
治療期間:なし
効果:★★★★★
備考:まるでリスカ傷を消したかのように隠す薄い肌色のテープ。1箱10枚入でウォータープルーフ機能あり。

ファンデーションテープは薄い肌色フィルムです。リストカットの傷跡を目立たなくし自然に隠します。また防水性もあります。
絆創膏やリストバンドはまわりに心配されて逆に目立つ。温泉やプールに入れるような防水性が欲しい。夏でも長袖を着ないで半袖でいたい。そんな気持ちから生まれた商品らしいです。

5.手術とレーザーで治療している人の体験談

リスカ痕を消すのではなく、隠すという選択肢もある

リストカットでつけた傷は何十年たっても消えることはありません。薄く白い傷になって残り続けます。

その傷を見るたびに後悔したり、自分に自信が持てなくなったり、人目を気にしたり、過去のことを思い出して嫌な気持ちになったり、人生をやり直したくなるかも知れません。

そうしてリスカ痕を消したくてこのサイトに辿り着いたかも知れませんが、安易に手術やレーザー治療を受ける前によく考えて欲しいのです。

手術やレーザーは必ずしも完璧ではありません。失敗して逆に傷が目立ってしまう場合もあります。それに多額のお金もかかります。

リスカ跡を消す以外にも、隠すという選択肢もあります。

1





risuka_keshikataさん