1. まとめトップ

SSRI離脱症候群(エスエスアールアイりだつしょうこうぐん)とは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)およびSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)の、断薬や服用量の減量に続いて生じてくる一連の症状である。この症状は、用量の減量あるいは完全に断薬した離脱時に生じる可能性があり、各薬剤の消失半減期および患者の代謝による。

2003年の世界保健機関(WHO)の報告によれば、研究者が「SSRI中断症候群」のような用語を用い、薬物依存症との関連付けを避けていることも指摘されている。2013年に発行された『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版(DSM-5)では、「抗うつ薬中断症候群」の診断名が追加され、これはSSRIに限った診断名ではない。

その症状の詳細は、薬剤の処方数の多さを踏まえて議論されてきた。それにもかかわらず、二重盲検化された偽薬対照試験は、統計的また臨床的に有意に、SSRIの中止が困難であるということを実証した。

患者さんの声

1