1. まとめトップ

休日の子連れお出かけネタに困っているなら

休日の子連れお出かけネタに困っているママパパ、いっぱいいますよね……。小学生1人・未就学児1人の我が家も、毎週いろいろな技を繰り出しています。そこで、実際やってみてコレはおすすめ! と思ったのが、屋根なしのスカイホップバスに乗ること。屋根なしバスってだけで楽しいから子供のぐずりは少ないし、広範囲をあまりストレスなく移動できるしという、おすすめ技です。

おすすめのポイントは、こんな感じ。

☆ 電車と比べ、乗り降りの際、圧倒的に階段が少ない!
☆ 外がよーく見えるので、子供が飽きない!
☆ 最悪子どもが寝てしまったら、1周乗りっぱなしができる!
☆ 自分で運転しないので、酒が飲める。

スカイホップバスは、停留所で自由に乗り降りできるバスで、1日券(大人2,500円 小人1,200円)と2日券(大人3,500円 小人1,700円)があります。ルートは、浅草・東京スカイツリー方面とお台場方面、六本木・東京タワー方面の3つ。すべてルートで乗り放題のお得なバスなのです。

欲しいものがありすぎて、子供パニックww

まず、子供のお出かけモードハイテンションを満足させるべく、東京駅八重洲地下街にある東京キャラクターストリートへ。NHK、日テレ、TBS、フジ、テレ朝、テレ東のグッズショップに、ハローキティ、プラレール、トミカ、ムーミンなどのオフィシャルショップ!! 欲しいものがありすぎて、子供パニックww お手頃なグッズをひとつずつ買い与えて落ち着かせ、いざスカイホップバスへ! バスチケットは先に買っておくと焦らずgood☆

屋根なしバスに大興奮! お待ちかねのバス・ドライブ!!

ランチは、アサヒビールの、あの、金色のオブジェの下にあるレストラン・フラムドールでいただきます。丸の内から、浅草・東京スカイツリー方面ルートのバスに乗り、隅田川を渡り、近づく東京スカイツリーに子供テンションはさらに上昇。フラムドールは「とうきょうスカイツリー駅前」停留所から。
なんといっても、工場直送のビール! フードも充実で子供たちのメニューもすぐ決まりました。吹き抜けの店内は広く、子供がうろうろしても、そんなに気にならない開放感が超いいです。

お台場は子供グッズと遊び場の宝庫!! 子供の体力を消耗させますw

ランチを終えたら、いったん丸の内までバスで戻り、そこからお台場方面ルートバスに。フジテレビ前で降りて、まずは、ダイバーシティへ。キッズスポッチャで子供の体力を消耗させます。キッズスポッチャは超おすすめで、大人2人・小学生1人・未就学児1人、90分パックで2,030円! お金をあまり気にせず、めいっぱい遊べます。

西松屋で子供服や日用品を買い漁りますww

そして、デックスに移動。アイランドモール4F西松屋で子供服や日用品を買い漁りますww。子供が楽しみにしていた駄菓子屋はシーサイドモール4Fにありました。行けませんでしたが、レゴランドも面白そうでしたよ。

子供が食事に飽きても大丈夫。大人が子供を待つのに飽きても大丈夫w

子供らのお腹が限界まで空いたところで、アクアシティにあるプレイルーム併設のフジテレビキッズカフェ・ママトコにて、ビュッフェディナー。「ママと子」供が楽しめるエンターテインメントレストランです。2つのプレイスペースや読み放題の漫画、人気アニメコーナーなど盛りだくさんで、子供が食事に飽きても大丈夫。大人が子供を待つのに飽きても、漫画があるから大丈夫w

最後にヴィ−ナスフォート。1Fのヴィーナスファミリーフロアには、ちょっとおしゃれな子供服&雑貨屋さんがたくさんあります。うちは行きませんでしたが、幼児〜小学生向けの遊び場・アネビートリムパークなんてのもありました。

なんのかんの言ってもフラムドールで飲んだ生ビールが格別w

これでもかと子供サービスに徹底してみましたが、終わってみれば意外に親の方も楽しめたというオチでした。なんといっても……フラムドールで飲んだ生ビールが格別でしたね!(^^)。

1





komachi_40さん

小学生の子ども二人を子育て中の40代ママ。子どもはどんどんパワフルになるし、自分は体力落ちていくし、、、のなかで奮闘中です。



  • 話題の動画をまとめよう