1. まとめトップ
  2. カラダ

朝型にして良かったと考える女子が多い!朝型生活のメリットは?

ある調査によると、朝型にして良かったと考える女子が多いそうです。朝型生活には、肉体的なメリット、精神的なメリット、仕事・生活上のメリットがあるようです。どうも心身のコンディションが悪い、仕事に上手く集中できない…と思う人は、朝型に変えてみてはいかがでしょうか?

更新日: 2015年04月06日

829 お気に入り 152554 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

junior_さん

▼ 朝型にして良かったと考える女子が多い

早起きしようとは思ってたけど、早過ぎないか。まぁいいや。超朝型生活きらきら。

▼ 時間を有効に使うことが出来る

朝のうちに重要度の高い事、全体のプランなど80%くらいをやれてしまうので、気持ちよく、また残りの1日が余裕で過ごせる

心臓の機能もよく働きます。そのため、難しい仕事や考える仕事などは午前中がはかどりやすく、いつもの作業も進みやすいのです

朝型になって5時くらいに起きればもっと時間を有効に使えるのだろうなー。練習とか書類仕事とかやるのも朝の方が疲れが溜まってないからはかどるんだろうなー…なんて考えてないで寝ろって話だよね。おやすみなさい。

▼ 「セロトニン」を増やすことができる(精神が安定する)

セロトニンは朝日を浴びたり適度な運動をしたりすることで分泌量が増えると言われています

脳内の神経伝達物質の1つで、セロトニンが、きちんと分泌されていると落ち着きや心地よさ、満足感などを感じることができる

セロトニンを増やしてくれるのが、太陽の光。朝からしっかり光を浴びる事で脳が覚醒され、1日を前向きにスタートする事ができます

セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れる

ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える作用のある伝達物質で、セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れて、暴力的になったり、うつ病を発症すると言われています

▼ 「ビタミンD」を作りやすい

日光をよく浴びるため、夜型の人に比べてビタミンDを作りやすくなっています

ミトコンドリア内で骨をつくるビタミンDが生成されるので、太陽の光は骨粗鬆症を防ぐためにも必須なのです

ほどよく太陽の光を浴びることは決して悪いことではありません。太陽の光を浴びずにいるとビタミンDが不足します。そのことでカルシウムが吸収しにくくなり、骨粗しょう症になる可能性があります。

太陽の光を浴びることで、体内のコレステロールはビタミンDに変わります。ビタミンDは骨や歯を形成するための重要な成分です。また、人間の身体には「体内時計」が備わっており、これが狂うと健康に支障をきたしやすくなります。

▼ 「成長ホルモン」の効果により美肌になる

1 2