1. まとめトップ

Minecraft 初心者にも分かる「トラップタワーの仕組み」を丁寧に説明

実況動画などでしばしば登場するトラップタワー。作りたいけど・・・仕組みがわからなかったり・・・せっかく作ったのに、沸かずに失敗・・・そんな方々の為に、初心者の私が、初心者の皆様の為に分かりやすく説明していきたいと思います。

更新日: 2016年03月24日

masyan0238さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
160 お気に入り 1849404 view
お気に入り追加

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

トラップタワー(TT)とは?

実況動画などでしばしば登場するトラップタワー。
作りたいけど・・・仕組みがわからなかったり・・・
せっかく作ったのに、沸かずに失敗・・・

そんな方々の為に、初心者の私が、初心者の皆様の為に分かりやすく説明していきたいと思います。

トラップタワーとは敵MOBをタワー内の湧き層に発生させて、アイテムを危険を伴わずに効率的に得ようというものです。
「湧き層」で敵MOBを沸かせ、「処理層」で敵MOBを処理します。

▼モンスターが沸く条件がある。

①プレヤーからの距離

プレイヤーからの直線距離で24m以上、128m以下の場所にスポーン(出現)する。

1つのブロックは、1m×1m×1mのサイズという設定になっている。

②明るさ

光レベルが7以下である

簡単に言えば、暗いところにモンスターが沸くので、
松明立てない!グロウストーン置かない!太陽光入れない!

モンスターは 7レベル以下 の明るさでスポーンします。

③ブロックの種類

MOBの沸かないブロック(ガラス、溶岩、グロウストーン、氷、水、耕地、階段、TNT)いわゆる透過ブロックは使わない

ハーフブロック(半ブロック)の上にもMOBが湧くようになりました。

④沸き潰しをする

正確には、モンスターが沸く範囲は底面が15*15chunk(240m*240m)の立方体なので、その範囲を湧き潰しする・・・・
この240m*240mの範囲を全て湧き潰しするのは大変なので、モンスターが自然消滅する半径128m外を除外する人も多い。

少なくても上記の範囲内の8割以上湧き潰ししたい。

早速、沸き層を作ってみよう!!

いかに効率よく湧かせて処理層へ送るかが重要

①通常式

フェンスゲートが床判定かつ通過ブロックになるのを利用して、敵MOBを誘い込み落下させる方法。

②水流式

敵MOBを水路に落とし、水路の先の穴に落とす方法。

③スポナー式

スポーンブロックを利用し周辺に敵MOBを湧かせる方法。
通常式・水流式に比べるとアイテム出力は劣るが、湧き潰しは不要かつコンパクトなので建設が圧倒的に楽。

スポナー部屋の中には最大で6体しかモンスターが沸きません。

スポナー停止の条件
・プレイヤーがスポナーから16マスより遠くにいる
・指定種の敵MOBが範囲内(17*17*9)に6体より多い
・敵MOBの湧く暗さがない(明るい)

▼沸き層の次は、処理層の作成!

1 2 3





みんなが気になってるだろうと思われる事をまとめていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう