1. まとめトップ

【初心者でも簡単マスター】これであなたも“マダイ(鯛ラバ)釣りの達人”に!

シンプルな仕掛けで釣果も上がると評判の鯛ラバ(エビラバ)・鯛カブラ・一つテンヤの仕掛け!鯛ラバ・一つテンヤの仕掛けに絞った真鯛釣りの釣法及び真鯛の生態やポイント、食べ方などをまとめてみました!釣果アップ間違い無し!?

更新日: 2015年04月16日

23 お気に入り 500154 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

falcon001さん

★ マダイとは?

出典zukan.com

魚の王様と言われるほど姿が美しく、味も良いことであまりにも有名。
魚の名前でも「○○ダイ」と名のつく魚は200種以上あるが、本当のタイ科の魚はマダイ、チダイ、キダイ、クロダイなどの10種程度

全長120cmに達する比較的大型の魚だが、食用として多く流通するのは30-70cm程度である。

★ マダイ釣りの魅力

釣り人にとっても”真鯛”は、昔から親しまれていた。小さい鯛(チャリコ)から大型真鯛まで。沖合いの船、磯から、防波堤からと真鯛を狙えるフィールドは広い。 メータを超えることもある強烈なファイター マダイ。美しさは海の女王とも表現したくなります。釣りあげたときの感覚は釣り人にしか分からないですが、美しい魚体が見えたときは感動すら 覚えます

”味”。蛋白な白身の魚ですが、食しかたもたくさんあります。「刺身」、「こぶしめ」、「塩焼き」、「煮付け」、「かぶと煮」など魚の骨の髄まで食べれることもマダイの魅力 ではないでしょうか?

ライトタックルでこの釣りを楽しむ『竿テンヤ(エビラバ)』や
テンヤ釣りをルアー感覚へとイメージした『タイラバ』『インチク』なるものも流行し
古臭いイメージのテンヤ釣りに近代化した空気を送り込んでくれた

★ 生息域と生態

北海道南部以南の日本各地、朝鮮半島、台湾を経て南シナ海まで分布するが、琉球諸島には生息しない。

水深30~200mの岩礁や砂礫、砂底などにすむ。

生息環境
稚魚から若魚の成長段階では沿岸域の藻場や岩礁付近の砂地に生息する。2~3年魚から水深のある沖合いから大陸棚へ移動するが、産卵期に浅海域に戻ってくる。

食性
甲殻類、多毛類、軟体動物、小魚などを食べ、接餌は午前中に行うことが多いとされる。

★ 釣り時期

産卵期は春から夏で、外洋から内海へ、内海では深場から浅場へ群れて移動する。。この時期は漁獲量も増え、「上り鯛」「櫻鯛」と呼ばれる旬となります。産卵期後のマダイはやせて脂がおち「麦わら鯛」と呼ばれるが2~3ヶ月で回復し、秋ごろから冬場にかけて脂がのって美味しくなり、外洋や深場に落ちていく。

★ 仕掛けとタックル(道具)

伝統ある漁具を、現代版にアレンジ改良し、マダイをスタイリッシュかつ手軽に狙える釣法。
鯛ラバはエサを付けない釣り方で、一つテンヤは5cm前後のエビを使った釣法です。
マダイ・ヒラメ・コチ・ホウボウ・ハタ・カサゴなどが狙えます。

鯛ラバ(エビラバ)・鯛カブラ

メインライン

PE0.6~1.0号(メーターピッチの入った物がオススメ) 
・よつあみ ウルトラダイニーマWX8
・よつあみ ウルトラダイニーマ

リーダー

フロロ3号~5号 3m~5m程度
・サンライン  ブラックストリーム
・サンライン Vハード

ロッド

専用ロッドがあるのでそちらをオススメします。使う鯛ラバ、テンヤの重さによって調子を選びます。
・ダイワ 紅牙
・ダイワ 紅牙MX

リール

基本的にスピニングリール、両軸リールどちらも使いますが、竿のコンセプトに合わせます。
両軸用のロッドとスピニング用のロッドでは、ガイド設定が違うので注意してください。
・ダイワ紅牙ICS103/103L
・ シマノ バルケッタ
・シマノ オシアカルカッタ 200~300番台
・オシアカルカッタ 300HG/301HG 200~300番台

1 結びを作らず、編み込みの摩擦抵抗でリーダーとPEを止めて強度を持たす結びです
2 結びは他にも色々ありますがFGノットがシンプルでコブも小さく強いノットで良く、これ専用で使用するのがベストです
3 鯛ラバは細いPEラインやリーダーを使用するので大物が釣れた時にラインブレイクを起し易く此れを防ぐ為にもFGノットは必要です
4 編込み時の注意点
PEラインをリーダーに強く・重ならないように密に編込み、最後にリーダーとPEラインを持って引き、締め込むがその時に殆ど変わらないくらいに編込む事が強度の出る編込み方です

サルカンの金属部分が細くリーダーが切れ易くナイロンチューブを入れて強度を上げる

① ベテラン用 PE 0.6号に リーダー2.5~3号を 3~4m結ぶ (60cmまでのサイズが目安です)
② 通常のメイン PE 0.8号に リーダー 3~4号を 3~4m結ぶ (70cmまでのサイズが目安です)
③ 初心者用(又は大物用) PE 1.0号に リーダー 4~5号を 3~4m結ぶ (80cmまでのサイズが目安です)

近年、遊動式が圧倒的主流となっています。
ポイントとしては、 当りが少ない時は、ヘッドの色よりも、スカートの色に注意してください。当たりの数が正解の色だと大幅増となります。
タングステン製の物もありますので、タフコンディション時は、そういった物を使ってみるのもいいでしょう。
鯛玉のウエイトの目安は、3回ほどボトムが取れればOKです。軽ければ軽いほうが良い。

鯛の食性は
真鯛は主にカニやエビなどの甲殻類や、貝やゴカイ類、イカやタコ、小魚などをさまざまなものを捕食しています
捕食しているものが一つで鯛ラバにヒットするのであれば、それに見えているものだろうと判断できますが、さまざまなものを捕食しているので特定は困難です
その時に捕食しているベイトを判断ししてから鯛ラバを選択するのが釣果を左右するといえます

1.鯛ラバの重さの決定は水深に合わせる (潮が速い場合は重くしてボトムを捕らえられるようにする)
     A タイラバは固定式と誘導式のタイプが有りますが喰い込みやバラシ対策で断然誘導式に分が有ります
     ※ 40m以下の場合 - 45g 、 50mの場合 - 60g  60mの場合 - 70g、 70mの場合 -80g、が目安です
           
     B 最近はネクタイ・スカート・ハリを交換できる製品がある、この場合に喰い渋りにハリを小さくしたり、ネクタイを長く
       したり又カーリーに 変えると喰いが上向くことが多い

  2.鯛玉のヘッドの形は円形・楕円・円形サイドカットが一般的です
    A 重さは水深・潮の速さで変わりますが 45g ・60g ・ 75g の3種類は揃えてください、
    B 鯛ラバは小さいものが良くタングステンものが高価ですが良い

A カラー色はオレンジ ・ レッド ・ ゴールド ・ チャート ・ グリーン ・ ピンク ・ グロー ・ ケイムラ (蛍光塗料)があります
    B 最近はゴールド系、蛍光色、ケイムラが良く使用されています

1 2 3 4